« 国蝶(3) National Butterfly(3) | トップページ | いにしえ(2) Long long ago(2) »

2012年6月28日 (木)

いにしえ(1) Long long ago(1)

「いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に にほひぬるかな」
 小倉百人一首にも出てくる歌です。高校時代、私は近鉄奈良線がテリトリーだったのと、奈良公園には結構いろんな虫が見られたので、たびたび奈良を訪れました。その中でなかなか面白いのは春日大社。。。何やら作業をしている巫女さんです。
Dsc_0011
 ここの巫女さんの衣装、なかなか凝ってます。藤の花のかぶりものと襟元のデザインが独特。。。この時は案内の宮司さんの許可を得て撮影しました。。。
Dsc_0032
 春日大社の回廊には吊灯篭が約1000基!!! これは比較的古いものです。最も古いものは平安時代の関白・藤原頼通が1038年に寄進したとされるものですが、現物は残っていないそうです。1600年の関が原の戦い前後のものはいくつか見られます。
Dsc_0019

 これはかなり新しい最近の吊灯篭。。。金色にピカピカ光っています。数百年前のいにしえの人々が祈りをこめて寄進した吊灯篭と、現代人が祈りをこめて寄進した吊灯篭。。。時代を超えた共存が、なんとなく不思議に調和しています。。。2月の節分と8月の14・15日にはこれら1000基すべての吊灯篭と3000基すべての石灯篭に灯が点され、なかなか荘厳です。
 下世話な話題になりますが、この灯篭1基を吊るすのに、いくらくらいかかるんでしょうか?こんど奈良在住の人間に聞いておきます。。。
Dsc_0027

|

« 国蝶(3) National Butterfly(3) | トップページ | いにしえ(2) Long long ago(2) »

風景いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584080/54801709

この記事へのトラックバック一覧です: いにしえ(1) Long long ago(1):

« 国蝶(3) National Butterfly(3) | トップページ | いにしえ(2) Long long ago(2) »