« 猛毒注意!!!(2) Caution deadly poison!!!(2) | トップページ | 目力・・・ Eyes power... »

2012年10月29日 (月)

猛毒注意!!!(3) Caution deadly poison!!!(3)

 淡路島の特産、タマネギです。タマネギは茎が太り、収穫直前には、ごらんのような姿で、土の上にデンッと腰を据えたような形で大きくなります。。。

_dsc_0011
 さて、今回はタマネギの話からスタートします。タマネギは毒として作用します。人間に対してではなくて、「犬」にです。タマネギをはじめとして、ネギやニンニクには硫化アリルという物質が含まれており、これが犬には強く作用します。すなわち、この物質は赤血球を破壊して溶血性貧血を引き起こし、血尿の原因になったりします。症状が重い場合には、命の危険もあります。

 ただし、前回も述べたとおり、毒というものはその量が問題・・・度を過ぎた量を食べさせると、このような症状を引き起こしますが、犬によってその量が違いますので、一口かじれば症状が出ることもありますし、平気で肉じゃがを食べる犬がいたりします。。。

 そして、これは私が料理した肉じゃが。。。えんどう豆をあしらったりしてますが、たまねぎもたくさん入れました。
P1090089
 実は先日、国立医薬品食品衛生研究所の畝山智香子さんという方の講演を聞きました。「『安全な食べもの』ってなんだろう? 放射線と食品リスクを考える」をはじめとして著書も多く、食品の安全性について詳しく、科学的に、事実に基づいたお話をされました。ただしその内容はおそらく一般の方から見るとまさに目からうろこ・・・。

 その理論のいちばん基礎にあるのは、「食品」に対する認識の仕方です。すなわち、「食品」とは、
・栄養源、エネルギー源。
・食べてもただちに何らかの障害が起こるわけではないが、未知の物質が数多く含まれている。
・中にはきちんと正体を突き止められている物質もある。たとえば、食品添加物や残留農薬など、後から人間が添加したものや、カフェインのように顕著な毒性を持つもの、ビタミンのように生命維持に必須のもの等々。
・そのほかにも、膨大な数の物質が含まれているが、その性質はほとんど未知。このため、これを何世代にもわたって食べ続けると、どういう障害が起こるのかも全くわかっていない。
・すなわち、食品には様々なリスクが含まれている。多くの未知の天然物・天然の毒素・ヒトに有害な微生物・有害かどうかもわからない微生物・天然の放射性物質・食品添加物・残留農薬・・・
・これら多くのリスクをひとつひとつ検証していくと、残留農薬のリスクなどは、実は非常に低い。
・かえって、健康食品やサプリメントが危ない。それは、単一の成分のみを増強している場合が多いので。

 こんなことを考えると、何を食べていいのかわからないとおっしゃる方もいます。でも、要はバランス感覚。自然界って、熱帯のジャングルのように多種多様な生き物が生存競争を繰り広げ、そんな雑多な生態系の中でバランスを取っているんです。私たちが食べている「食品」も、雑多なものの集合体です。バランスを考えるのであれば、好き嫌いなくいろんな食べものを食べること、そしてそこに含まれるリスクとされているものが、どの程度の量含まれているのか理解すること。こういったことが大事なんではないでしょうか。むやみな潔癖症は、かえって不自然です。我々が生きているこの世の中は決して純粋ではなく、混沌の世界。。。おそらくこれが事実なのでしょう。

 「原発反対」。これはひとつの主張であり、否定されるものではありません。でも、福島原発に由来する放射性物質が含まれる農産物。これに対しては、きちんと評価をする必要があると思います。「1ベクレルも許さない」などという、非現実的な考え方は、科学的な事実に基づいた評価とは言えません。様々な食品のリスクの中で、放射性物質のリスクは取るに足りないもの。これが真実だと思います。

|

« 猛毒注意!!!(2) Caution deadly poison!!!(2) | トップページ | 目力・・・ Eyes power... »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584080/55723497

この記事へのトラックバック一覧です: 猛毒注意!!!(3) Caution deadly poison!!!(3):

« 猛毒注意!!!(2) Caution deadly poison!!!(2) | トップページ | 目力・・・ Eyes power... »