« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月28日 (水)

錦秋・・・(3) Autumn color...(3)

 どうして、秋になると木の葉が赤く色づくのでしょうか?
 秋になると赤く色づく植物は、葉の内部に赤い色素が蓄積されます。秋が深まり、朝夕の冷え込みが厳しくなると、葉の付け根に「離層」が形成されます。これは養分や水分が詰まったもので、葉が落ちる原因となります。寒くなると植物の光合成の効率は低下し、落葉樹の場合は、たくさんついている葉っぱを維持していくことができなくなってきます。このため冬に向かって葉を落とし、寒い時期に向かって準備態勢を整えているわけです。。。

 葉の付け根に離層が形成されると、栄養分や水分の往来が出来なくなります。このため葉で作られた糖分は葉にたまり、赤色色素であるアントシアニンが合成されるもととなります。

 一方で、緑色の色素であるクロロフィルはどんどん分解が進みます。このため葉は赤く染まり、紅葉となるわけです。。。

_dsc_0249
 このような現象は、何もカエデだけに起こるのではありません。写真のヤマウルシをはじめとして、今までにご紹介したハナミズキ、ドウダンツツジ、レンゲツツジをはじめとして、複数の落葉樹に起こります。

 なぜ赤く染まるのかは、このように詳しく解析されているんですが、赤く染まること自体、どういう意味があるのかは、よくわかっていません。

Dsc_0172

 次に黄色く染まる葉。「黄葉」です。これは紅葉とはまた異なるメカニズムで色づきます。もともと植物の葉には緑色の色素であるクロロフィルに加え、黄色色素であるカロチノイドが含まれています。ところが秋になるとクロロフィルがしだいに減少し、カロチノイドの黄色が優勢になって、黄色ばかりが目立つようになります。これがいわゆる「黄葉」です。このため、新たに黄色の色素が出来るわけではありません。。。


 黄葉はイチョウ、シラカバ、カラマツ、ミズナラなどでよく見られますが、カエデに見られる場合もあります。この写真はどちらもカエデですが、左は黄色、右は赤色に色づいています。

__dsc_0216
 よく、昼夜の気温の差が大きいと紅葉が美しくなると言われますが、朝夕の気温が下がると、クロロフィルの分解や離層の形成が進みます。一方、昼間の日照量が多いと、赤色色素であるアントシアニンの合成もよく進みます。このため気温が一気に下がって、しかも日中よく晴れると、紅葉がきれいに色づくというわけです。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月25日 (日)

錦秋・・・(2) Autumn color...(2)

 今回は植物図鑑です。モミジやカエデだけではありません。いろんな植物の葉が赤や黄色に彩られ、秋の野山を華やかな色に染めます。。。

_0259 ふつう、「もみじ」というとこの植物に代表されます。イロハカエデと呼ばれるもので、福島県以南の山野に自生しますが、広く栽培され、京都の神社仏閣などでもよく見かけます。

Dsc_0180 山に出掛けると、ハウチワカエデがよく見られます。大き目の葉が特徴です。日本の山野には広く分布します。

_dsc_0304 ハウチワカエデは、乗鞍高原のようなやや高い山の方が鮮やかに色づきます。昼と夜の温度差が大きいからでしょうか?


Dsc_0412 少し葉が小さいミネカエデ。やや高い山に登らないと見られません。。。

Dsc_0077 紅葉はカエデの仲間だけではありません。これは一青窈の歌でも有名になったハナミズキ。ワインレッドに色づきます。


_dsc_0290 ドウダンツツジです。鮮やかなピンクです。紅葉がきれいなのと、小潅木で形を作りやすいので、よく庭園などに植えられたりします。


_dsc_0311 レンゲツツジ。高原地帯ではおなじみの植物で、初夏の花もきれいですが、紅葉もなかなかのもの。一年で2度楽しめます。。。

_dsc_0246_2 ヤマウルシ。他の紅葉よりもやや早く色づきます。低木で、かぶれる人もいるので要注意なんですが、赤く色づく頃にはかぶれません。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月22日 (木)

錦秋・・・(1) Autumn color...(1)

このたびは 幣も取りあへず 手向山 紅葉の錦 神のまにまに

 百人一首にも出てくる菅原道真公の歌です。いにしえより、日本人は秋になると紅葉を愛でてきました。さて、紅葉と言えば京都などにみられる由緒正しい神社仏閣に植えられたものと、奥山に自生するものに2分されるように思います。今回はその中の山岳写真。。。私はここ2~3年、10月後半になると乗鞍高原を訪れていますが、そのなかから何枚か選んでみました。

_dsc_0459 乗鞍高原一の瀬園地の有名な大かえで。。。黄色く色づいた秋の山に一本の巨大なかえでがそびえ立っています。人の心に訴えるものがある風景です。

__dsc_0216 黄と赤の競艶。。。

Dsc_0284 10月の乗鞍高原は、そこかしこにこんな風景が繰り広げられます。

_dsc_0022まいめ池。静寂の世界。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月20日 (火)

後姿 Back figure

後姿です。。。 This is back figure...

Dsc_0219

Dsc_0356

Dsc_0707

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月19日 (月)

そして青い海 Blue sea again

 そして、青い海。。。魚眼レンズを使って、自分の影を写してみました。。。


Dsc_0034
Dsc_0205
_dsc_0177

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月16日 (金)

青い海 Blue sea

 このブログは青い海もテーマなので、たまには青い海を出さないと。。。というわけで、お気に入りの古宇利島大橋です。

_dsc_0380

_dsc_0180
_dsc_0165

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月13日 (火)

まったけ Mattake

「松茸」の発音で、どの地域の出身なのかだいたいわかります。
関東の人はたいてい「まつたけ」。すなわち "つ" が大きいです。
これに対して関西の人は「まったけ」。小さな "っ" です。そしてもちろん私は「まったけ」と発音します。なので、ここでは「まったけ」と表記することにします。
_dsc_0508
 まったけはもともと関西が本場。昔から京都の丹波まったけが最上とされて来ました。前にもブログに書きましたが、私の母は丹波の北の方の出身。戦時中はそちらの方へ疎開していましたので、母の話を聞くと、秋には恐ろしく大量のまったけが出回っていたようです。戦争が終わっても昭和40年代前半までこのような状態が続き、昭和33年生まれの私もまったけが豊富だった時代の記憶がかすかに残っています。。。

 母いわく・・・
・秋になると、子供のおやつは干しまったけ。
・まったけの笠の部分は料理に使い、柄の部分は新聞紙の上に広げて干しまったけにする。干しまったけは、チューインガムのようにそのままくちゃくちゃ噛むとおいしい。
・まったけは綾部駅に集まり、そこから貨物列車で京都や大阪に運ばれていた。近くには軍港の舞鶴。ある時、ここが空襲を受け、列車が動かなくなった。綾部駅に集まったまったけは腐り始め、猛烈なにおい。。。
・現在では主流の土瓶蒸しなど、見たことも聞いたこともない。そのまま焼く・まったけご飯・まったけうどん・すき焼き・まったけフライなどが主な調理方法。
・まったけご飯の美味しい作り方は、まず薄味のかやくご飯を作る。その一方で、まったけを手で縦に細かく裂く。まったけの量が多いときには酒とだし汁を混ぜたものに浸しておく。そしてかやくご飯が炊き上がり、蒸らす段階でぱっとフタを開け、サッと裂いたまったけを入れて蒸らす。まったけの量はとにかくたっぷり。。。
・すき焼きは、牛肉を買いに行くと、肉屋がおまけにまったけをくれた。
・まったけ山に入ると、いやというほど生えていた。それも20~30本が列になってぎっしりと生えている。大きいものは高さ・直径ともに8寸くらい。(1寸=3.03cm) 母は和裁をするので、尺貫法の人間でした。。。

_dsc_0509
 時は流れ、まったけが採れなくなり、恐ろしいほどの高値になります。丹波の草深い田舎にも、まったけのシーズンにはまったけ山の入り口に警備のパトカーが目を光らせる時代になったようです。そしてまったけの産地も国内では広島や長野、岩手といった地域、海外では朝鮮半島、中国、ブータン、トルコ、カナダなど、国際色豊かな状態になってしまいました。養殖も試みられているようですが、まったけは生きたアカマツの根にしか寄生せず、椎茸のようなわけにはいきません。

 なんで関西人はまったけを好むのでしょうか?理屈抜きに美味しいんです。やめられません。止まりません。無くても生きていけますが、無いと非常に寂しくなる食材です。

 昭和25年。まったけが豊富だった頃の母、17歳です。ずいぶん可愛いと思う私は、かなりマザコン???

P1120034

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月10日 (土)

蝶ネクタイ(4) Butterfly tie(4)

 今までに紹介した以外にも、蝶のデザインのネクタイ、昆虫デザインのネクタイがいろいろあります。。。有名どころのブランドではなく、中にはイマイチなのもあるんですが、案外、蝶柄は少ないので、見つけたらデザインの良否にかかわらず、買ってしまいます。ひととおり写真を並べますね。。。
Dsc_0011

Dsc_0013

Dsc_0015

Dsc_0017

Dsc_0025

Dsc_0027

Dsc_0033

Dsc_0041

Dsc_0045

Dsc_0049

Dsc_0053

Dsc_0055

 というような具合に、バラエティー豊富…いろいろたくさんあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 7日 (水)

蝶ネクタイ(3) Butterfly tie(3)

 沖縄にWAHAHAというブランドがあります。那覇空港などの土産物屋で売ってます。ここのネクタイ、沖縄のいろんな風物をデザインに取り入れてるんですが、蝶柄や昆虫柄もあります。残念なことに、もう欠番になってしまってますが。。。

これはリアルなオオゴマダラです。
Dsc_0039

これもリアルなオオゴマダラとアゲハチョウ。。。
Dsc_0029

トンボです。カラスヤンマをモチーフにしていると思われます。
Dsc_0021

 なんと、ヤンバルテナガコガネまであります。。。
Dsc_0051

 その他にヨナグニサンもあったんですが、未入手のまま、いつの間にか店頭から消えてしまってました。゜゜(´□`。)°゜。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 4日 (日)

蝶ネクタイ(2) Butterfly tie(2)

 前回に引き続き、私の手持ちの蝶ネクタイの紹介です。蝶の形のネクタイではありませんよ。(*^.^*) 蝶柄のネクタイです。。。有名どころのブランドも蝶柄ネクタイを出しているようです。

 これはサン・ローラン。イブ・サン・ローランという人はフランス領アルジェリア出身のデザイナーで、男性です。彼は非常に若い頃にクリスチャン・ディオールにその才能を見出されたんですね。そしてディオールが亡くなった時、わずか21歳でディオールブランドの主任デザイナーとなります。Dsc_0035

これはセリーヌ。女性用のバッグ等で有名なブランドです。雅な色使いですが、京都市内で買ったものです。よく見ると、蝶の模様の行列。。。
Dsc_0043

 蝶だけではなく、いろんな昆虫の大行列。。。これはフェラガモ。イタリアのブランドです。
Dsc_0047

 フェラガモは、こんなトンボ(?)柄もあります。。。
Dsc_0037

 これも蝶ではなくてテントウムシの図案です。イタリアのブランド、FENDIです。。。
Dsc_0019
 そしてこれはダンヒル。男性的なイメージがあるんですが、これはミツバチの図柄です。(デザインが小さいので、ちょっと拡大しています。)
Dsc_0057_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年11月 1日 (木)

蝶ネクタイ(1) Butterfly tie(1)

 11月1日です。。。
 東日本大震災以降、夏のクールビズの期間が長くなり、私の職場ではネクタイ着用は11月1日からです。。。というわけで、「蝶ネクタイ」。実は、私は手持ちのネクタイのほとんどが蝶ネクタイなんです。と言っても、いわゆる蝶の形をしたネクタイではありません。正確に言うと、蝶の柄のネクタイです。。。

 まず最初に一番のお気に入り。。。青い蝶が乱れ飛ぶやつです。このブログの表題も「青い蝶・・・」なんですけどね。Roise 5 というブランドです。
Dsc_0005
 このネクタイ、実は色違いのものがあります。これは黄色。。。他に赤と白があったんですが、ちょっとヘンなので、やめときました。。。
Dsc_0007

 そして、蝶々といえば、ハナエ モリ。日本を代表するデザイナーです。
Dsc_0009

これもハナエ モリです。少し控えめな蝶のデザイン。。。小さい蝶なので、よく見てくださいね。
Dsc_0022

 森英恵さんのトレードマークが蝶々になったのには、理由があるそうです。彼女が初めてニューヨークに行ったとき、デパートの地下で日本製の安っぽい蝶のブローチを見て、当時の日本製品のあまりの情けなさにショックを受け、美しい蝶、エレガントな蝶のイメージをつくらなくては・・・と思ったそうです。

 彼女が生まれ育ったのは島根県の六日市町。かなりの田舎ですので、おそらく蝶々もたくさんいたのでしょう。。。戦後、日本の美を世界に問い、1977年にはパリのオート・クチュールの正会員に認められた最初の東洋人です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »