« 食べ物と料理(3) Food and cooking(3) | トップページ | 食べ物と料理(5) Food and cooking(5) »

2013年2月17日 (日)

食べ物と料理(4) Food and cooking(4)

 なんとも、グロな写真です。しかも、説明書きを読むとますますゲンナリするような。。。私は虫は好きですし、長野県へ行った折、酒の肴としてイナゴや蜂の子を美味しくいただいたこともあります。しかし、この「モパニムシ」と称する携帯ストラップだけはどうも。。。

Dsc_0002
 地球上で最も繁栄している生物。それは決して私たち人類ではありません。実は「昆虫」です。昆虫の身体はタンパク質も豊富ですし、これを食べることは非常に合理的なことであると思います。現代人の食生活は欧米人のそれの影響を多かれ少なかれ受けていますが、欧米人の食生活は例外的に昆虫食がありません。他の文明では、日本も含めて昆虫食が見られる場合がほとんどです。

 話は変わります。私たちの隣国、中国や韓国では犬を食べる文化があります。また、私は台湾を訪れたことがありますが、そこにはヘビ料理の店がありました。
 さらに日本の国内でもウミヘビを食べる地域があります。沖縄です。写真はウミヘビの乾物ですが、「イラプー」と呼ばれ、非常に美味な高級品として扱われています。ちなみに1匹6千円です。

Dsc_0073

 前回、私たちが美味しいと思う食べ物は多分に経験に左右されると書きましたが、これらの食材には一般的な日本人は慣れていないので、食欲は湧かず、かえって不快感に襲われることになります。

 また、慣れの問題以上に、宗教が食のタブーに関与することも多いです。よく知られているように、インドのヒンズー教徒は牛肉を食べませんし、世界中に住むイスラム教徒は豚肉を決して口にしません。それどころか、豚を原料とした加工食品も厳格に除外します。また、日本でも仏教の影響で、明治時代以前は肉食の機会が非常に少なかったようです。

 さて、私はクジラを食べることを好みます。焼肉やハリハリ鍋、刺身。。。酒の肴になかなか美味です。また、私がたびたび訪れる沖縄本島の郷土料理店には、イルカ料理がメニューにあります。もっとも琉球方言で「ヒートゥー料理」と書いてありますので、それと気付く内地の人間は少ないですが・・・イルカも分類学的にはクジラと同じグループに属するため、味もあまり変わりがありません。

 さて、問題はイヌやクジラやイルカを食べることに対する欧米人の反応です。なかにはかなりエキセントリックな反応を示す集団もいるようです。どうもキリスト教徒というのは歴史的にも世界中に宣教師を派遣して布教を行ったり、他の宗教と比べると、かなりおせっかいが好きなようです。これに対して、好戦的な宗教だと思われているイスラム教徒の人たちは、異教徒が豚肉を食べても何も言いません。

 前回までに述べたように、食べ物というのは文明・文化のかなり根源的なものです。この部分を否定されるとたいていの人間は非常に反発します。これは欧米諸国のなかでもフランスのフォアグラを動物虐待であるとし、生産はおろか販売まで規制する国があるのに対し、フォアグラ発祥の国であるフランスでは、重要な農業技術であり、文化であるとして、国家により篤く保護されていることをみても明らかです。

 こんな状況では、活け作りや踊り食いまで虐待行為と取られかねません。少なくとも、人の食べ物にはケチを付けないでおこうと強く思う次第です。ただ、欧米諸国のクジラやマグロやウナギの資源量が激減しているという主張には耳を傾ける必要があると思います。乱獲によって居なくなってしまっては元も子もありません。こういったものは国の施策として早く養殖技術を開発するようにすべきでしょう。日本人は優秀なので、可能だと思います。

 さて、今回は最後に欧米人が最も好まない食べ物、サザエのつぼ焼きを載せておきます。磯臭い匂いは悪臭であると感じる人が多いです。欧米人に対しては、ちょっといやみかもしれないですね。でも私は大好きです。

P1090029

|

« 食べ物と料理(3) Food and cooking(3) | トップページ | 食べ物と料理(5) Food and cooking(5) »

飲み物・食べ物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584080/56445922

この記事へのトラックバック一覧です: 食べ物と料理(4) Food and cooking(4):

« 食べ物と料理(3) Food and cooking(3) | トップページ | 食べ物と料理(5) Food and cooking(5) »