« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月28日 (日)

現代用語の基礎知識(4)「おたく」

 この言葉の語源を検索してみると、1983年にコラムニストの中森明夫氏が「漫画ブリッコ」のコラムでコミケに集まる集団を「彼らをおたくと命名する」と、おたくを蔑称として使ったのが発端のようです。その後、アニメ・SFファンだけに限らず、普通とは見なされない趣味を持つ人、社交性に欠ける人に対しても使われるようになりました。

 古くからこのような人に対しては、伊達者・酔狂者・好事家・~狂・~気違い・マニアなどという言い回しも使われてきましたので、こういう人種はかなり昔からいたのでしょう。このような人々は概して人付き合いが苦手な傾向があるので、同じ趣味を持つ友人に対して、少しぎこちなく「おたくは・・・」などと呼びかけたので、“おたく”と呼ばれるようになったようです。いずれにせよ、ある程度ネガティブな意味も含んでいる、微妙な呼び方であることは確かです。

 多分、私もおたくなのだと思います。虫おたく、そして写真おたくです。どうしたわけか、このような性向は主に男性にみられ、女性は少ないようです。一般的に見て、昆虫に夢中になったり、写真を撮るのに夢中になったりするのは、昔から男性と相場が決まっていました。

 ところがこのような構図が近年では少し変わってきています。カメラ女子と呼ばれる女性の写真愛好家の増加、山ガールと呼ばれる女性登山愛好家の増加、そして虫の世界にも、虫めづる姫君が増えているように聞きます。個人的には非常に喜ばしいことだと思います。


Dsc_0269

 特に写真の雑誌などを見ていると、女性向けのものは今までのカメラ雑誌と比較してかなり趣向が違うように思います。すなわち、従来の男性向けのカメラ雑誌は機種の比較・スペックの比較・次に出てくる新機種の予想といったパターンのものが多かったんですが、女性向けの雑誌の場合、「料理を美味しそうに撮る」「お洒落な町並みを撮る」「ふわっとした雰囲気に撮る」といった、やや抽象的・感覚的ではあるんですけど、どんな写真を撮りたいのか、目的がはっきりしているように思います。これは非常に私の興味を惹きます。私の今までの撮影パターンに無いテーマも多く、非常に勉強になります。なので、女性向けのカメラ雑誌は今では私の愛読書のひとつになりました。一方で男性向けの従来型のものは相変わらずスペック比較型の記事が多く、あまり面白みがありません。なので、私の写真・カメラに対する考え方は、ある意味女性的なのだと思います。ともかく、機種やスペックの比較には、あまり興味がありません。

Dsc_0091

 とは言うものの、一眼レフというのは精密機械ですので、非常に多くの機能を持っています。例えば、レンズをとっかえひっかえしていろんな情景を撮ることも出来ます。同じ場所から焦点距離の異なるいろんなレンズで撮影すると、こんなに違う風景になります。

 これは石垣島のとある小学校のグラウンドです。焦点距離10mmの魚眼レンズ。カメラはニコンのD300s、APS-Cです。
10mmdsc_0262

 この魚眼レンズは何とズームレンズなんです。17mmにしてみました。

17mmdsc_0264

 さらにレンズを換えて、こんどは35mmです。だいぶデイゴの木が近付いてきて、真紅の花が咲いているのがわかります。

35mmdsc_0267

 さらに近付いて50mmです。この風景の構図としては、35~50mmくらいが良さそうですね。

50mmdsc_0269

 100mmです。重厚な樹幹が迫力を見せています。

100mmdsc_0271

 200mm。樹幹がゴツいです。花もかなりアップとなります。

200mmdsc_0273
200mmdsc_0275

 さらに300mmです。

300mmdsc_0281
300mmdsc_0280

 私の手持ちのレンズの中では最も長い、300mm+1.7倍テレコン=510mm相当の焦点距離です。

510mmdsc_0287
510mmdsc_0285
 というわけで、レンズ取っかえひっかえというのは結構楽しく遊べると思います。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月25日 (木)

現代用語の基礎知識(3)「まじ」

 少し前からよく聞く言い回しです。「え~!! まじで~」「まじっすかぁ~」などなど。本来は「あなたはそれを真面目に言っているのですか?」というのがだんだん短縮されてきたのだと思います。私は基本的に関西人なので、「ほんまか?」「ほんまかいな?」という表現の方を好みます。いずれにせよ、こういう表現は相槌のようなものなので、どんどん短くなる傾向があります。ちなみに英語では「Really?」という言い回しになります。

 調べてみると“まじ”という言い回しも
1980年代から流行りはじめたようです。なのであまり古い表現ではありません。いわゆる流行語です。なので、いつかは廃れてしまう言い回しなのかも知れません。言葉というのは生き物です。新たに生まれたり、消えて無くなってしまったり、時には大ブレイクしたり、細々と長生きしたり、いろんなパターンがあります。タイムマシンに乗って1970年代の世界を訪ねると、“まじ”と言っても誰も理解してくれないでしょう。

 同様に写真の撮り方もかなり流行りすたりがあるようです。私が写真に興味を持ち出したのは
1970年代の終わり頃なんですが、その頃は飛翔中の蝶の写真を写すようなことはありえませんでした。当時はオートフォーカスなんて無かったので、手動でピント合わせをしていました。さらに露出も絞り優先やシャッタースピード優先の時代でしたので、これも完全に自動化はされていませんでした。飛んでいる蝶を追っている最中にこのような作業を行なうことは、まず不可能です。当時、ある雑誌に飛翔中のトンボの写真が掲載されたのを今でも覚えているんですが、まるで神技のように思えました。

Dsc_0911

 最近では技術が発達し、シャッタースピードや絞りは自動的にカメラが決めてくれます。またオートフォーカスも精度が高くなり、コツは必要なんですが、複雑な飛び方をする蝶をある程度ピントを合わせたまま追う事も可能になってきました。また、ISO値もかなり高い値に設定することが出来るため、ブレの無い高速シャッターを切ることも出来ます。それこそ「まじですか~
!?」と言いたいです。

 もうひとつの「まじですか~
!?」。私の持っている一番デカい望遠レンズは300mm F2.8という、3キロ近い重さがあるものです。この種のレンズは1972年の札幌オリンピックの際、屋内で競技中のフィギュアスケートやスピードスケートの選手を離れた位置からストロボ無しで撮影するために開発されたものです。当時は一般への販売は無く、全て報道機関に供給された特注品だったようです。このような高性能レンズが個人の趣味に使えるようになるとは・・・まさに「まじですか~!? ほんまかいな!?」という世界です。

Dsc_0002

 
1970年代と現代。ほんの40年ほどしか違わないんですが、この間の世界の変化には驚くべきものがあります。50歳も半ばとなると、ややもすれば特に不便もないし今のままで良いなどと保守的な考え方に気持ちが傾きがちなんですが、そうなると時代に乗り遅れてしまう・・・そんな強迫観念もちらほら。時代に追い越されないようにするために、最新型のスマートホンを買ったんですが、やはり若者には「まじですか~!?」と言われてしまいました。やれやれです。。。

Dsc_0002

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

現代用語の基礎知識(2)「やばい」

 先日、少しあわててしまって、カメラ・レンズ・ノートパソコンを入れたバッグを落下させてしまいました。やばい!!! 一瞬ひやっとしたんですが、大丈夫でした。でも、ほんとに冷や汗ものでした。

 “やばい”という単語は、このような時に使うものだと思っていました。何か不都合なことが起こりそうという、悪い予感。そんなニュアンスです。ところが最近ではこれが変わりつつあります。「この景色、やばいくらいきれい
!!」といった言い回しです。ここには悪いニュアンスはありません。むしろいい意味です。この場合、やばい=すごい という意味になってしまっています。

_dsc_0345

 良い意味にせよ、悪い意味にせよ、“やばい”という言葉は、普通ではない状態を表しています。そういう意味では、私はやばいくらいの写真を撮りたいし、ある意味やばい人間でありたいとも思います。

 ところが日本人って、やばいくらい突出することよりも、むしろ普通や平均的であることに結構こだわるんですね。人並み・人と同じ。そういったことに価値観を見出す人も多いです。このことを強く感じたのは、子供の頃に起こった2つの事件です。

 ひとつはまだ幼稚園の頃。私は左利きなんですが、これを矯正されました。今でこそ左利きはサウスポーなどと言って個性のひとつとして理解されていますが、当時は「左ぎっちょ」。差別やいじめの対象にもなります。そのままにしておくという選択肢は無く、強制的に箸や鉛筆を右手に持たされました。一種の身体障害のような扱い方だったと思います。当時は精神的・肉体的にかなりの負担でしたが、今となっては良い面もあったのかな・・・と思っています。というのは、かなりの場面で私は左右両手を使えるからです。ただ、幼稚園児に対してこういった行為は大きな負担となります。また、どうしても矯正できず、反抗的な性格になった同級生もいました。右利きの人。一度、丸一日すべての作業を左手でやってみてください。どれほどのストレスか、よくわかると思いますし、これを幼稚園児に強制することがどういうことなのか、理解できると思います。

 もうひとつの事件は中学生の時。私は昆虫採集が好きでした。ところがこの時の担任だった英語の教師が「何ぃ
!! 中学生にもなって昆虫採集!! あほかお前!! そんなことしとったら受験に失敗するぞ!! そんなあほなことしとるヒマがあったら勉強せんかい!!」という反応だったんです。私はこの英語の教師を拒否し、英語の勉強を放棄しました。おかげで家庭訪問に来たり、結構大変でした。

 それでも何とか高校にもぐりこみ、そこの生物の先生から、「昆虫が好きであれば、大学は○○大学、△△大学など、農学部のあるところに進めばよい。たいてい農学部に昆虫学の講座がある。卒業生は□□分野や◎◎分野で活躍している。」と言われ、感動した覚えがあります。やはり先生というのはこうでないといけないと思います。また一方で、英語の教師が嫌いなために英語の勉強そのものまで放棄してしまったことは、後々非常に反省しました。英語は外国の人々とコミュニケーションを取る大切なツールです。この遅れを取り戻すのは、結構大変でした。

 こんなことがあってから、私は平均・人並みに合わせないといけないという発想に、いささか疑問と反発を持つようになりました。すなわち、人にはそれぞれ個性があるんです。いろんな人間がいて、それらの人間の一部の側面を数値に置き換え、たまたま出てきたのが平均値です。なにもわざわざ平均値に合わせないといけないという理由はどこにもありません。

 みなさん。やばい人間になりましょうよ。。。やばいくらいのものがなければ、人の気持ちを動かすことも出来ませんし、新しい発想も出てきません。人から珍しいと言われる人間こそ、個性的なのだと思います。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月20日 (土)

真正面・・・Front face...

真正面です。。。

Dsc_0529
Dsc_0528

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

春の女神(2) Spring ephemeral(2)

 4月14日(日)のことです。北陸は石川県小松市周辺。風の強い一日で撮影には苦労しましたが、晴天で気温も上がってまずまずの春の陽気。

 「花と蝶」というのは昔から絵になる組み合わせなんですけれども、これはその最たるものではないかと思います。カタクリを訪れるギフチョウ。。。定番の写真です。

Dsc_0121

そしてこれは極めつけ。。。カタクリに向かって飛んできたギフチョウ。春の女神の雰囲気がお分かりいただけるかと思います。

Dsc_0122

 こんな景色をいつまでも眺めていたいと思います。。。

Dsc_0173_2
Dsc_0176

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月15日 (月)

春の女神 Spring ephemeral

 緊急アップロードです。。。

 このブログはタイムリーじゃないのが自慢(笑)なんですが、今回はタイムリーな話題。。。4月13~14日の週末、北陸へ行ってきました。行先は石川県小松市。お目当ては春の女神とも呼ばれる「ギフチョウ」です。

その姿をごらんになってください。

Dsc_0066

Dsc_0078

Dsc_0091

 13日は雲が多く、飛んでいる個体は少なかったです。ただ、その分活動が鈍く、割合落ち着いて撮影できたと思います。。。

Dsc_0030

 それにしても北陸はカタクリが多いですねぇ。。。これにギフチョウが止まってくれれば、いちばん絵になるんですが。。。で、実はカタクリを訪れている写真が翌14日に撮れました!!! 近日中にアップしますので、よろしく!!!

Dsc_0098

Dsc_0037

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月11日 (木)

現代用語の基礎知識(1)「かわいい」

 今年の1月、ツイッターにこの写真をアップしました。これはスズメなんですが、ずいぶん丸っこく見えます。スズメは寒い時期には羽毛に空気を貯め、身体を温めます。いわば自前のダウンジャケットですね。これを撮影したのは真冬の北海道釧路市郊外であったため、スズメも気合いを入れて膨れ上がってます。この状態を「ふくらすずめ」と言い、俳句の季語にもなっています。もちろん冬の季語です。

Dsc_0952

 ところがこの写真をアップした後、異変が起こりました。何とリツイートが3500件以上、お気に入りが2500件以上に大ブレイクしてしまったんです。

 4桁のリツイートというのは、あまりお目にかかりません。きゃりー・ぱみゅぱみゅさんや、ベッキーさんなど日本の有名な芸能人のつぶやきでも、3桁が多いです。ところが4桁・・・これには私もびっくりしてしまいました。見ず知らずの何千人もの人に、この写真が注目していただけるとは・・・。

 書かれたコメントを見てみると、「かわいい
!!」「きゃーわゆい!!」「もふかわいい」というような意見が多数。どうやら日本人は“かわいい”ものが好きなようです。何を見ても“きゃーわいい!!”という女子も多いようです。

 ところで、実は私はこの“かわいい”という表現を日常生活でほとんど使いません。使う時は例外的です。なぜかというと、私の中の“かわいい”という基準と、世間一般でのそれとは、かなりずれているからです。今の日本、何にでもかわいいという表現を使いますが、その節操の無さに抵抗を感じます。そのうえ、私は物事に感動しにくい性格なので、よほどのことが無い限り“かわいい”とは思えません。ですから、先のふくらすずめの写真も私にとっては「丸っこくてユーモラス」ということになります。考えてみると、私は随分難しい性格なのかもわかりません。“かわいい”という表現ではなく、もっと具体的な、はっきりと分かるような表現を探そうとします。何もかもかわいいでは、意味が分からなくなってしまいそうな気もします。


 さて、その次は「花」です。 
 花の写真は私もよく撮るんですが、これもまた私は“かわいい”という表現は使いません。きれい・美しい・華麗な・麗しい・・・ということになります。小さめの花、例えばすみれの花が人知れずひっそりと咲いているような様子も、かわいいではなく、“可憐な”の方がふさわしく思えるんです。


_0012
 そして女性。これも“かわいい”という表現を使う人が非常に多いです。これはどうなんでしょうか?特に言われる本人の女性の意見を聞かなければわかりませんが、年齢・国籍・その他により、いろんな考え方があるのだと思います。あまり年配の女性がかわいいと言われるのは抵抗があるでしょうし、外国人の場合は若くても嫌がる場合があります。大人に見られたいという意識が強いようです。一方で日本人の場合は、やはり“かわいい”と言って欲しい女性が多いんでしょうか?全く謎です。

Dsc_0356
 では、私はいったいどういうときに“かわいい”というのでしょうか?これはまあ、ここでは内緒にしておきましょう。ご想像にお任せします。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 7日 (日)

飛ぶ・・・(5) Flying...(5)

<ホバリング>

 ホバークラフト(hovercraft)という乗り物があります。写真のものがそれです。日本国内ではかつて各地で運行していましたが、2009年に大分空港航路が廃止され、見られなくなってしまいました。写真のものは1982年まで石垣島と西表島を往復していた「蛟竜(こうりゅう)」と名付けられたホバークラフト。私にとっては懐かしい存在の乗り物です。

_02
 ホバークラフトは上から吸い込んだ大量の空気を船体の下に吹き込み続けることによって、船体が空中に浮上します。このため、水上・陸上を問わず走行可能で、水陸両用の乗り物です。船体後部にはプロペラが付いており、このプロペラの推進力によって時速約80キロでの航行が可能です。このため構造上は航空機に分類されますが、主に水上走行するため、日本の法律では船舶に分類されています。

 この「hover」という単語を辞書で引くと、
1.(鳥・昆虫・ヘリコプターなどが)舞う、浮かぶ
2.(人・場所に)つきまとう。そばをうろつく。離れない。
・・・・・・
といった内容が出てきます。これで大体、ホバリングのイメージが掴めたのではないでしょうか?特にハチ・アブ・スズメガなど、飛ぶことが得意な昆虫が、翅を羽ばたいて空中停止した状態で花の蜜を吸ったり・・・このような様子をホバリングと称しています。

 写真は花を訪れたクマバチのホバリングです。蜂の仲間は飛ぶのが上手な種類が多く、ホバリングをしている姿もよく見られます。その羽ばたきの速度は非常に速く、毎秒250回と言われていますので、写真を写したときも、よほどシャッタースピードが速くないとその翅はブレてしまい、はっきりとは写りません。

Dsc_0023
 実はこのような飛び方をする昆虫について、多くの航空力学の専門家たちが研究を続けています。そして様々なことが分かって来ました。すなわち、おおよそ15cm以下の物体が飛行するには、グライダーのように滑空するよりも、昆虫のように羽ばたいた方が効率が良いという、不思議な境界線があることなどなど・・・。なぜ15cmなのかは良く分かっていません。

_dsc_0288
 ともかく、15cm以下の大きさの物体が飛ぶためには、ひたすら羽ばたくことになります。そして、昆虫たちは自分の身体を安定制御しながら自由飛行を行っています。いきなり空中停止したり、逆にいきなり高速で飛び出したり・・・ともかく自由自在に飛び回ります。
 優秀な日本人のことですから、誰かこのような小型飛行体ロボットを発明する人が出てこないのでしょうか?結構使い道の多い技術ではないかと思います。それにしてもまるで誰かが特別な意思を持って作ったかのような昆虫たちの身体。。。まだまだ彼らに学ぶことは、数多くありそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 4日 (木)

飛ぶ・・・(4) Flying...(4)

 丹頂鶴です。ものすごく優雅な鳥です。

Dsc_0676
 ともかく、優雅に飛びます。

Dsc_0478
 その優雅な羽の動きを見て下さい。

Dsc_0154
Dsc_0155
Dsc_0156
Dsc_0157
Dsc_0158
 私は元来、蝶をはじめとした昆虫写真を写すのが、写真撮影の一番の目的なんです。丹頂鶴は冬場、昆虫が居ないときにやむなく撮りに行ったんですが、それがなかなかどうしてどうして・・・。その羽ばたく姿はあくまでも優雅で優美。。。思わず夢中になってしまいました。というわけで、また機会があれば丹頂鶴の撮影に行きたいと思います。

Dsc_0238

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

エイプリルフール April fool

 我輩はすこぶる金持ちである。未だかつてお金に困ったことが無い。お金というものは、ほっておくと自然と貯まってしまう。なので使い道を探すのにいつも苦労している。どなたか、一番良いお金の使い道を教えてもらえないだろうか?

 昔から大金持ちの趣味といえば、様々なもののコレクションが一般的である。コレクターという人種は、古今東西を問わず自分の欲しいものには金に糸目を付けないというのが常である。なので、我輩もクルマのコレクションを少し嗜んでみた。

 とは言うものの、最近のクルマは面白みが無い。やはりちょっと古いクルマの方が味がある。というわけで、ロールスロイスである。これは我輩の自慢のロールスロイス。。。

_108

 1940年代のクルマであるが、この時代のものは車体の大きさに比べて、荷物の収納が極めて不便である。これなんかはその典型。。。流線型のカッコいいデザインであるが、車体に荷物が収まらず、しゃあないのでトランクを車体後部に外付けするという、荒業をやってしまった。果たして、車検は通るのか???

_115
 バカでかいエンジンもまた魅力。現代のクルマはせいぜい2000~3000ccクラスのエンジンが主流であるが、当時は1万5千cc程度が平均的。まるでダンプカーである。そのためか、エンジンルームもバカでかく、居住空間が小さすぎる。もう少し何とかならなかったのかとも思うのであるが、まあ、今となってはいかんともしがたい。

_116
 一方でスポーツカーもなかなか良い。フェラーリのF40であるが、これで5千万円。安いものである。

_105
 そのフェラーリの永遠のライバルである、ランボルギーニ・ディアブロ。。。紫色のボディーカラーで多少趣味が悪い。けどまあ、金持ちというのはある程度、悪趣味が似合う。紫だろうが、シャンパンゴールドだろうが、いやらしく目立つものを好むのが金持ちである。。。

_112
 そして、蒸気機関車もある。もう何でも有りの世界。。。整備が大変なので、専任の整備担当者を雇っている。

_109
・・・というようなたわ言を年に一度くらいはほざいてみたいと思う、今日この頃です。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »