« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月28日 (土)

雲の表情(2) Expression of the cloud(2)

 長野県の高原地帯。。。
 夏の朝、雲海が発達します。まるで浮かんでいるような感覚。これは美ヶ原ですが、駐車場の向こうはまるで海のようです。

_dsc_0037

Dsc_0244
 自然現象だと判っていても、雲だと判っていても、やはり海に見えます。。。

Dsc_0257
 川から霧が立ち上り、幻想的な雰囲気です。。。

Dsc_0135

Dsc_0160

 虹と雲。。。

Dsc_0116

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月25日 (水)

雲の表情(1) Expression of the cloud(1)

 入道雲です。。。

 学術的には積乱雲と言います。天気予報などでも積乱雲と表現しています。もこもことした形をしており、上へ上へと成長します。何らかの原因によって発生した上昇気流によって出来るもので、背の高いものは15~20kmにも達しますので、富士山の数倍の高さがあります。

_dsc_0750


 この積乱雲、その下部で夕立が発生しています。積乱雲と夕立は切っても切れない関係です。

Dsc_0373
 こんなごく狭い範囲に、局所的に降ることも。。。

_dsc_0003

 こういった雲は非常に色が黒く、濃いのも特徴です。たっぷりと水分を含んでいます。夕焼けに映える入道雲ですが、まるでブラックドラゴン。。。

Dsc_0446
 沖縄では「かたぶい」という現象が頻繁に起こります。「かたぶい=片降り」です。すなわち局地的なにわか雨のことです。すごくよく晴れているのに一部で激しい入道雲が発生し、その下でにわか雨が降ります。入道雲の下側が黒くなっている時は、急な雨の前兆なので、くれぐれも雨対策を忘れないように!!! 沖縄のにわか雨はかなり激しく降りますので。。。

Dsc_0364

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月21日 (土)

ぞろ目 Repdisit

 ドイツ勤務時代に乗っていた乗用車です。BMW525i。よく走るクルマでした。ちなみにナンバープレートは777。見事にぞろ目です。

P1220011
 「ぞろ目」という言葉は、もともとは賭博用語だと思われます。2個のサイコロを振り、同じ目がでることをぞろ目と呼んだのが起源のようです。そのうちに意味が広がり、2つ以上並んだ数列の全ての桁が同じ数字になることをぞろ目と呼ぶようになりました。

 特に"777"などは、ラッキーセブンが3つ並び、スロットマシンなどでは最高の目として設定されます。

 逆に"666"はヨーロッパではケモノの数字とされ、忌み嫌われます。映画「オーメン」で有名になりました。でも、私はゲンをかつぐようなことは全くしないので、こんなヒマなことをやってみたりしました。でも、特に悪いことが起こったとかは全くありませんでした。。。(* ̄ー ̄*)

66666dsc_0253

 でもやっぱり"ラッキーセブン"などと言うと、ちょっと気分が良いですね。なので、こんなこともやってみました。やっぱり私は相当ヒマ???

77777dsc_0005

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月18日 (水)

長龍の思い出 Memory of the Choryo

 私はずいぶん酒飲みの家系に育ちました。見渡す限り呑ん兵衛ばっかり・・・。良いのか悪いのか、ともかく他人と比較すると、かなり大変な一族です。

 私の父は、私が物心付く頃から結構飲んでました。そして母方の祖父。この人も同様によく飲んでました。で、こんな場面に出くわしたんですが、どういうわけか、この時の情景をよく覚えています。

(祖父)あんさん、この酒なかなか美味しおまっせ。安て、結構いけるわな。
(父)わしら酒やったら何でもええんやけど、ほないな酒あるんやったら、ちょっと味みさせてもらいますわ。
(祖父)飲んでんか。
(父)こらええわ。「慶雲長龍(けいうんちょうりょう)」ゆうんでっか。どこで売ってまんねん?
(祖父)ここらの酒屋はどこでも置いたはるわ。テレビのCMもしとるわな。
(父)ほんまでっかいな。

・・・というわけで、私の父はそれまで日本酒であれば何でも良かったんですが、母方の祖父の勧めで、すっかりこの長龍という酒にはまってしまいました。

Dsc_0018
 ところがこの酒、大阪府内では結構テレビのCMを流したりしていたのに、他府県では全くと言っていいほど手に入らないんです。その上に、やはり親子なんですね。私もこの酒にはまってしまい、就職して大阪から神奈川県に引っ越してからも、この酒をずいぶん長い間、愛飲してました。ちなみに「ちょうりょう」と読みます。坂本龍馬(さかもとりょうま)と同じです。。。

Dsc_0060

 日本酒にせよ、ワインにせよ、あるいはその他のいろいろな酒でも同じだと思うんですが、普段飲む、スタンダードな酒というのがあった方が良いと思います。飲みに行くと、どこそこの○○という大吟醸だとか、△△という純米酒だとか、ともかく最近はいろんな酒がずらりと並び、選ぶのに困ります。こういう時、普段飲み続けているスタンダードな酒があると、その酒がどういう特徴をもっているのか、旨いのか不味いのか、それが比較的よくわかります。

 また、最近は冷酒が多く、燗酒が冷遇されています。゜゜(´□`。)°゜。 飲み屋のバイトのお姉ちゃん。。。燗酒の作り方を知らなくて、やたら熱かったり、ぬるかったり・・・。ひどい場合には、酒そのものが変質して色や香りが劣化していたり・・・多分、注文する人が少ないんでしょうね。

 でも、これは家系なんでしょうか。私は何と言われても日本酒、それも熱燗を飲み続けます。付き合ってくれる方、募集します。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月17日 (火)

新人 New face

 デビューしたばかりの新人の歌い手さんだそうです。某市の夏祭りの特設ステージ。。。

 もし大ブレイクしたら、貴重な写真になるかも・・・( ̄▽ ̄)

Dsc_0358_2

Dsc_0359

Dsc_0398

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月14日 (土)

飲む(5) Drinking(5)

 前回のクイズです(o^-^o)

 沖縄の島バナナ。すっかり発酵して周囲にアルコール臭を放っています。さて、この中に何匹蝶がいるでしょうか? という問題でした。。。

Dsc_0136
6つ止まってるんですけど、わかりますか?特に右上のコノハチョウとか。。。

Image1

 ともかく甘い果実や樹液はほっておくとアルコール発酵を起こし、虫たちの酒場と化します。他にものん兵衛が集まって来ますので、ご紹介しましょう。

 石垣島のサキシマヒラタクワガタです。この仲間もよく樹液で見られます。67mmという、かなり大型の個体です。この近くでさらに大きい72mmの大型個体も採集しました。

Dsc_0139
 こんな細い樹から樹液がたくさん出るんですね。

Dsc_0144
 

 ウスイロコノマチョウ。ひとりひっそりと樹液を吸っています。

Dsc_0114
 スミナガシ。渋い和風の翅を持った蝶ですが、こいつも酒好きですねぇ。。。

Dsc_0017

Dsc_0035
 というわけで居酒屋やスナックのお姉さま。。。やっぱり酒呑みは渋~いほうがいいですかねぇ。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2013年9月11日 (水)

飲む(4) Drinking(4)

 蝶の中にはホントにアルコールを好むものがいます。山の中を歩いていると発酵した果実や樹液の香りが漂ってくることがあるんですが、この香りにつられて集まってくる蝶も、実はかなりいるんです。。。

 これは沖縄の島バナナ。発酵してかなりアルコール臭を放っています。リュウキュウミスジをはじめとした蝶が集まってきていますが、何匹いるか判ります??? 正解した方には景品があるかも・・・。

Dsc_0136

 おそらく日本で一番のん兵衛の蝶と思われるのがこいつ。沖縄本島にしかいないフタオチョウです。残念ながら飲酒中(笑)の写真が無いんですが・・・。

_dsc_0012
 どのくらい酒好きなのかというと・・・この蝶はなかなか高いところから降りてこないんですが、バナナやパイナップルに泡盛を吹きかけておくと、結構寄って来るんですψ(`∇´)ψそう、無類の泡盛好きです。こういった写真が無いのが残念なんですが、ともかくのん兵衛です。

 その上、腰を据えて飲み始めると、飛べなくなるまで飲んでます。指で簡単につまめるくらい。。。時たま、そのまま地面にポテッと落下したりすることも・・・

Dsc_0714

 ナンバー2はおそらく日本の国蝶、オオムラサキです。とにかく蝶としては図体が大きく、カブトムシやスズメバチに混じって発酵した樹液を飲んでいる姿がよく見られます。

Dsc_0245

Dsc_0351

Dsc_0223
 蝶界の酒豪・その双璧をご紹介しました。居酒屋やスナックのお姉さま。こういったお客、どうでしょうか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 7日 (土)

飲む(3) Drinking(3)

 吸水集団を作るのは、アゲハチョウに限ったわけではありません。これはエゾスジグロシロチョウ。4cmあまりの小型の蝶ですが、意外にのん兵衛。。。こうして集まっては飲んでいます。

Dsc_0244
ずいぶん集まってますねぇ。。。

Dsc_0250

  これも北海道の山中でよく見かけるタテハチョウの仲間の「アカマダラ」。やはり群れて飲んでいます。。。

Dsc_0226

Dsc_0197

 その一方で孤独に飲むのはヒオドシチョウ。。。

Dsc_0026

 先日、東京神田のとある居酒屋に行ったんですが、我々も含めてほとんどが団体客。。。とても独りで入れるような雰囲気ではありませんでしたw(゚o゚)w
 その一方で、ショットバーなんかは、独りの客も結構多いようです。蝶の世界も団体で飲んだり独りで飲んだり・・・。いろいろ好みの違いがあるようです。居酒屋やスナックのお姉さま。どう思われます???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 4日 (水)

飲む(2) Drinking(2)

 前回は北海道でしたが、今回は沖縄。。。そして北海道でも沖縄でも、オスのアゲハチョウは集まって水を飲みます。。。

Dsc_0075

Dsc_0140
 これらの写真はモンキアゲハのオスです。沖縄本島北部の、やはり林道の湧水地で撮った写真なんですが、モンキアゲハは10cmをはるかに越えるような日本最大クラスの蝶。たくさん集まっていると、やはりなかなか壮観です。。。

Dsc_0082

 そしてこれは石垣島のミカドアゲハ。湿った河原で吸水しています。。。この蝶もやはり水場によく集まってきます。。。

Dsc_0100

Dsc_0091

 人間のオスもなかなか酒場に出入りしないヤツ、毎晩のように姿を現すヤツ、いろいろいるんですが、こういった事情は蝶の世界も同じです。めったに水を飲みに来ないナガサキアゲハが一匹だけ孤独に飲んでいます。。。この蝶が吸水しているのはほとんど見かけないので、これは珍しいシーンだと思います。この蝶はオスもメスも花を訪れている姿を非常によく目にしますので、かなりの甘党のようです。居酒屋やスナックのお姉さま。こういうヒトもやっぱりいますよね。。。

Dsc_0022

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »