« カプサイシン Capsaicin | トップページ | カフェイン Caffeine »

2014年1月22日 (水)

アントシアニン Anthocyanin

 「アントシアニン」はポリフェノールの一種で、植物性色素です。一般にブルーベリーやブラックベリーに含まれていることで知られ、目が良くなるなどといわれています。ネットで調べるとポリフェノールやアントシアニンを含むという、いろんなサプリが数多く出てくるんですが、サプリだけ食べて他の食生活はおざなり、一日中テレビやパソコン、ゲーム三昧という状態では、おそらく効果は無いと思うんですが・・・(>_<) これに限らずサプリに頼るのは非常に問題の多い栄養の摂り方だと思います。

 それはさておき、アントシアニン自体は非常に数多くの植物・食品に含まれ、こういったものを数多く摂るのは、健康面では大きくプラスになると思います。

 昨年、とある所で紫サツマイモの試験栽培を行ないました。非常に大きなイモが採れ、しかもこのイモに含まれるアントシアニン色素の量がかなり多く(13kgのイモから1kgのアントシアニン色素が取れました。)、試験栽培はまずまずの結果となりました。

<紫イモの断面>

Dsc_0529
 アントシアニン色素はpHにより、その色が変わります。すなわち、酸性になると赤色に近くなり、中性付近では紫色、さらにアルガリ性になると青色になりますので、まるで小学校の頃に実験したリトマス試験紙のようです。この色素は天然の食品添加物としても使われ、福神漬け・紅生姜・梅干からファンタグレープのような清涼飲料まで、幅広く使われているようです。

<ドイツで売られるブラックベリー>

Brombeeren_1024

 面白いのはニンジン。下の写真は様々なニンジンの品種ですが全く色素の無い白色のものからカロチンを含む普通の色のニンジン、さらにアントシアニンを含む黒っぽいものまで、色とりどりの品種が存在します。味はどれもニンジンっぽいんですが、色は様々。レアな品種も含まれますが、なかなかカラフルで楽しいです。


Dsc_0056

|

« カプサイシン Capsaicin | トップページ | カフェイン Caffeine »

飲み物・食べ物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584080/58772315

この記事へのトラックバック一覧です: アントシアニン Anthocyanin:

« カプサイシン Capsaicin | トップページ | カフェイン Caffeine »