« 日本最南端の回転寿司 Belt-conveyor Sushi in the south most in Japan | トップページ | タンチョウヅル(2) Japanese crane(2) »

2014年2月25日 (火)

タンチョウヅル(1) Japanese crane(1)

 私は蝶をはじめとした昆虫写真を撮るのが主体だったんですが、厳冬期には虫が少なく、なかなか思うように撮れません。熱帯のジャングルにでも行けばいいんですが、サラリーマンの身ではそんなに休暇を取る訳にもいかず、冬場の撮影をどうしようか、なかなか迷うところです。

 で、昨シーズン初めて北海道の釧路を訪れ、タンチョウヅルを撮ったんですが、これがなかなか華麗な姿。。。

Dsc_0374

Dsc_0688

 この鳥は日本・ロシア南東部・中国・朝鮮半島に分布し、大陸では季節によって南北に移動する渡り鳥ですが、日本の北海道に分布するものは一年中見られる留鳥です。

 体長は130~150センチ程度ですが、翼を開くと意外に大きく、開張は240センチにも達します。その姿はあくまで清楚で気品があり、神聖な鳥として、あるいは縁起の良い瑞鳥として古来から親しまれてきました。

 このタンチョウヅル、結構遊び好きで、雪玉を放り投げて遊んだり、ハクチョウを追いかけてみたり、お茶目な姿も見られます。

Dsc_0464

Dsc_0461

Dsc_0704

|

« 日本最南端の回転寿司 Belt-conveyor Sushi in the south most in Japan | トップページ | タンチョウヅル(2) Japanese crane(2) »

動物・鳥・などなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584080/59143582

この記事へのトラックバック一覧です: タンチョウヅル(1) Japanese crane(1):

« 日本最南端の回転寿司 Belt-conveyor Sushi in the south most in Japan | トップページ | タンチョウヅル(2) Japanese crane(2) »