« 逮捕!!! Arrest!!! | トップページ | 北海道 道東の食事事情 Circumstances of East Hokkaido meal »

2014年6月28日 (土)

沖縄本島の食事事情 Circumstaces of the Ryukyu dinner

 沖縄といえばやっぱり泡盛・・・。この写真のようなパターンで出てくる店が一番いいですねぇ(^_^)v一合徳利で、私が好きなのはやっぱりオン・ザ・ロックです。。。
 ところで、最近の人、「オン・ザ・ロック」と正式名称で言っても通じないことがあるんです。単にロックと言わないと・・・。なお、グラスの中にはたいてい複数の氷を入れますので、「オン・ザ・ロックス」と複数形にするのがより正確です。

Dsc_0309

 私が本島でよく行く、某郷土料理店のメニューをいくつかご紹介しましょう。なお、この店一人前の量がものすごく多いんです。なので一人で行くときは要注意です。

 まず「ンジャナの白和え」。"ん"で始まる料理の名前は非常に少ないと思いますが、ンジャナというのは沖縄で言う「ニガナ」です。内地のニガナとは全く別物で、「ホソバワダン」という和名を持つ、海岸の岩場などに自生する多年草のことです。ゴーヤのような苦味のある野菜で、これを島豆腐に和えてあります。50歳をすぎると、こういう渋い料理が好みになります。脂っこいゴーヤチャンプルよりも、最近はこの方が好きです。。。

Dsc_0306

 そして次は「すくがらす豆腐」。島豆腐の上に小さな魚が載っていますが、これがスクガラスです。すくがらすというのは、アイゴ類の稚魚を塩辛にしたものです。塩味がよく効いており、泡盛に合う味です。。。

Dsc_0307

 さらに島ラッキョウの天ぷら。最近は内地でも見られ、定番の沖縄料理になりましたが、昔はラッキョウを天ぷらに揚げるなんて、常識はずれの料理でした。同じようなものにもずくの天ぷらがあります。ともかく沖縄は天ぷらが豊富で、これ以外にも魚の皮の天ぷら、ドゥルワカシーの天ぷら、うむくじ天ぷらなど、いろいろあります。ちなみに写真の島ラッキョウの天ぷらはハーフサイズ。ともかくこの店で料理を注文するときは、量の多さに要注意です。。。

Dsc_0308

 内地だと、飲んだあとの締めはラーメンが定番なんですが、私も歳なので、最近はあまりラーメンまでは行きません。でも、たまに小腹が空くようなときには、何か食べたくなります。でも沖縄そばは結構なボリューム。。。そんな時にはソーメンチャンプルです。
 内地では冷やソーメンが主流なんですが、沖縄ではソーメンは野菜とともに炒めてチャンプルにするのが一般的です。これがなかなかうまく、ついついはまってしまいます。。。

Dsc_0310

 というわけで、ついつい飲み過ぎ、食べ過ぎてしまう、沖縄の食事事情でした・・・(#^.^#)

|

« 逮捕!!! Arrest!!! | トップページ | 北海道 道東の食事事情 Circumstances of East Hokkaido meal »

飲み物・食べ物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584080/59772355

この記事へのトラックバック一覧です: 沖縄本島の食事事情 Circumstaces of the Ryukyu dinner:

« 逮捕!!! Arrest!!! | トップページ | 北海道 道東の食事事情 Circumstances of East Hokkaido meal »