« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »

2014年12月29日 (月)

今年のベストショット(2) The Best Shot of 2014(2)

 いよいよ今年も大詰めです。今年のベストショット、蝶バージョンをお贈りいたします。

<第5位 ミヤマカラスアゲハ>

 北海道日高山脈のミヤマカラスアゲハです。ここ数年、悪天候に悩まされていましたが、今年も曇天で飛んでいる個体数が少なく、イマイチでした。しかしながら、この翅の色合いにはやはり惹かれます。。。

Dsc_0143




<第4位 ギフチョウ>

 春一番の定番です。カタクリの花を訪れるギフチョウは一幅の絵になります。これは長野県白馬村。。。

Dsc_0211




<第3位 コムラサキ>

 黒色型と褐色型が並んで吸水している、マニアックな写真です。長野県白骨温泉です。

Dsc_0221

<第2位 ジョウザンミドリシジミの卍飛翔>

 小さい上に恐ろしく高速で飛ぶ蝶です。なかなかピントが合いません。これも長野県白馬村です。

Dsc_0406

<第1位 ナガサキアゲハ>

 妙に気に入っている写真です。白いナガサキアゲハ。逆光に映えます。これは沖縄本島八重岳。

Dsc_0549

 というわけで、一年間ありがとうございました。引き続きよろしくお願いいたしますm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月26日 (金)

今年のベストショット(1) The Best Shot of 2014(1)

 今年もあっという間にこの時期になってしまいました。年が明ければこのブログも丸三年。年間のベストショットをアップするのもこれで3回めとなります。

 私は蝶の写真を撮ることが最も多いんですが、蝶がいない時には、それ以外のものも結構撮影しています。まずは第1回目として、蝶以外の写真のベスト5、そして大詰めの次回には、蝶の写真ベスト5を挙げてみたいと思います。

<第5位 談山神社十三重塔>

 やはり私はこの塔のたたずまいが好きです。紅葉の季節にしかここを訪れたことは無いんですが、次はぜひ、紅葉以外の時期にも尋ねてみたいと思います。

Dsc_0066

<第4位 室生寺の紅葉>

 見事な真紅のもみじです。今年は天候不順のせいか、紅葉の色づきにムラがありましたが、その中でもひときわ紅が目立っていました。

Dsc_0051

<第3位 田んぼの逆さ富士>

 そして今年の第3位は田んぼの逆さ富士です。田んぼに水を入れ、田植をしてから稲が生い茂るまでの、ほんのわずかな期間だけに現れる、めったに見れない風景です。

Dsc_0507

<第2位 古宇利島大橋>

 この場所もすっかり定番になってしまいました。しかし、行く度に碧い海の色合いが微妙に異なり、飽きさせません。

Dsc_0026

<第1位 丹頂鶴>

 1位はやはりタンチョウヅルです。群れが飛来する様子がフォトジェニックです。

Dsc_0644

 息遣いが聞こえてきそうです。。。

Dsc_0175







| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月23日 (火)

寒い・・・ Its cold...

 <緊急アップロード>

 今年の年末は全国的に荒れ模様の天気・・・。でも、北海道に飛んでしまいました。寄る年波に勝てず、年々冬の北海道がつらくなってきます。そのうえ、私のカメラは超重量級。こんなのを振り回してると、腰にこたえます・・・(@_@)

 とはいえ、行くたびに新しい発見があり、なかなか楽しいです。今年最後の遠征の成果。。。見てください。

冬のキタキツネは、もこもこ(@_@)

Dsc_0130

オオワシはともかく大迫力!!! 大型の鳥は飛び立つ時と着地する時がなかなかの迫力です。。。

Dsc_0310

これは着地。

Dsc_0261

寒そう・・・

Dsc_0113

バックは北方領土。国後島です。

Dsc_0139

群飛・・・

Dsc_0626

今年も終わりかな・・・(^^♪











| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月20日 (土)

ファーストクラス First Class

 先日、JALのファーストクラスに乗りました。羽田から伊丹までのほんの1時間あまりのフライトなんですが、機内食が出ます。それもなかなか本格的な内容。。。ご飯に合うフレンチだそうです。

Dsc_0029

Dsc_0028

 左下に見える竹皮の包みの中に白飯が入っており、料理もなかなか凝ったものでした。フレンチと聞いて私は赤ワインを頼んだのですが、この内容だと日本酒の方が良かったかもわかりません。それにしてもわずか1時間のフライトでこのような食事を済ますとなると、食べるほうも忙しいのですが、出すほうもなかなかせわしない様子でした。せめて2~3時間くらいのフライトだと時間に余裕があっていいのですが・・・。

 JALのファーストクラスはかなり混んでおり、なかなか予約が取れません。特に羽田-那覇便など、長距離便はなおさらです。これは、一定の顧客に無料で配布されるアップグレードクーポンといったものをかなり多数発行しているからではないでしょうか?私もこの無料のクーポンを利用してファーストクラスに乗りましたが、普通に乗れば8000円のシロモノです。これはちょっと大きな出費になってしまいます。

 もっとも、フランス料理に白飯とは、やはりちょっと違和感があります。やはりフレンチは徹底してフレンチを貫き、目の前には麗しき淑女がご相伴・・・そういうシテュエーションが最上だと思います。フレンチにあわただしさは似合いません。あくまで優雅に、ゆったりと・・・。

Frenchdsc_0018
 フォアグラなども良いかも・・・

Dsc_0303
 あるいはエスカルゴとか・・・

Dsc_0018

 もうじきクリスマス。。。私は出張でとても優雅なディナーどころではありません(>_<) ほんとは優雅にディナーでも楽しみたかったんですが、来年は是非・・・(^^♪ 今年も残りあとわずか。。。ぼつぼつと頑張りましょう。乾杯!!!(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月19日 (金)

恒例 Common usage

 このブログでは、何気にこのような写真を月1回アップしていますが、お気付きの方はどのくらいいるのでしょうか???

Dsc_0048

Dsc_0005

 も一つおまけ・・・

Dsc_0940








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月16日 (火)

あなどれない・・・ Can't despese...

 これ、私の好きなゆし豆腐そばです。石垣島のとある店なんですが、半野外の開放的な造りで、なかなかいい雰囲気です。

Img_20141025_114946
 ところでこのゆし豆腐そばの写真、一眼レフではなく、スマホで撮ったんです・・・(@_@;) 最近のスマホ付属のカメラって、すごく優秀なんですね。周囲の様子まで、きれいに写っています。

 この写真もスマホで写したんですが、撮影の意図がまったく異なります。石垣島のとある店のカレンダーに難解な宮古ことばの格言があったので、記録として撮りました。これも非常に解像度が高くて、細かい字まで、よく読めます。

Dsc_0017

 珍しく東京できれいな夕焼けが見れたので写しました。少しピンボケですが、色が良く出ています。

Dsc_0007

 そしてこれはとある展示会に出展されていた、樹齢1000年というオリーブの巨木。。。ごつごつした樹幹や、オリーブ独特の葉の質感がよく再現されています。

1000dsc_0009

 というわけで、なかなかあなどれない最近のスマホです。「なんでそんな何十万もするカメラ持っとるの?」という質問に、なかなか答えづらくなってきています。何と答えようか???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月12日 (金)

電気自動車 Electric Vehicle

 最近、後方から音も無く自動車が接近し、びっくりするようなことがしばしば起こります。たいてい、プリウスやインサイトなど、いわゆるハイブリッドカーです。ハイブリッドというのは、スタート時や低速時にはモーター、速度が上がるとエンジンを動力とするクルマで、純然たる電気自動車とは異なります。

 普段はこのような電気自動車に乗る機会なんて無いんですが、実は沖縄の西表島には電気自動車のレンタカーがあります。車種は三菱のiMiEV(アイミーブ)。軽自動車サイズのコンパクトなクルマですが、レンタル料金はやや高めに設定されています。これは車両本体価格が220万~280万円と、通常の軽自動車よりも高いことに起因するものと思います。ただし、ガソリン代が不要であることは差し引いて考える必要があります。

Dsc_0005

 運転席に座ると、コンパクトなインパネの中央にデジタル表示の速度計。電気自動車なのでタコメーターなどという、面倒なものは存在しません。スイッチを入れると、LEDがあちこちに点灯し、なかなかきれいでSFチックです。

 運転モードは通常モードとエコモードに切り替えられます。レンタカー店員によるとエコモードでも十分な加速が得られるし、通常モードだと電力消費量が大きく、帰って来れなくなるかも知れないので、エコモードのまま走ってくださいとの事でした。その言葉に従ってエコモードのままアクセルを踏むと、これがなかなかの加速感。普通の軽自動車よりも明らかに力強く加速します。しかもその加速感が延々と続きます。まあ、電気モーターなので変速機が無く、当然なんですが。。。
 ご存知の方もいると思いますが、西表島は海岸沿いに一本だけ県道があり、結構起伏があります。走行中、通常モードに切り替えましたが、かなり強力な加速をします。後で調べたらこのクルマは後輪駆動でしかも前後のタイヤが異サイズ。なかなかマニアックで楽しめそうなスペックです。ただし、バッテリーの残量の減りは格段に早くなりますが・・・(@_@;)

Dsc_0008

 大原というところでクルマを借り、早速走らせましたが、一番遠い白浜までは往復100km近くあります。これはエコモードでも途中充電無しでは少し心配な距離です。で、途中にサービス・ステーションがあります。ここで何をするかというと、何と、満タンに充電したクルマに乗り換えるんです。
 最初に乗ったのはシルバーのアイミーブでしたが、白いのに変わりました。こうなるとレンタカー会社にとって、車両にかかるコストは倍になります。それを考えると、多少高いと思ったレンタル料金も、実は破格の出血サービスだったとわかりました。
Dsc_0174
 クルマの側面には「環境にやさしい電気自動車です」というロゴが入っています。

Dsc_0006
 当たり前ですが、マフラーは無く、排気ガスも出ません(^_^;)

Dsc_0176
 前から見ると丸っこくてかわいいデザイン。。。

Dsc_0004

 というわけで、なかなか面白い経験が出来ました。正直言って、まだ発展途中の技術だと思いますが、その解決策はバッテリーの容量です。このあたりの事情は携帯電話と全く同じです。バッテリーさえ長持ちすれば、すごく魅力的な乗り物に思えました。とりわけ、加速の良さは特筆モノです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 9日 (火)

虹 Rainbow

 今年もあとわずかとなりました。もっといろんな写真を撮ろうと思ったんですが、歳のせいか体力もついて来ず、仕事が忙しかったり、あるいは風邪ひいたり・・・(>_<) というわけで、なかなか思うように撮れなかったものもあります。。。その代表格が「虹」の写真。鮮やかな虹に出会う機会がなかなかないので、狙って行くわけにもいかず、偶然のチャンスを逃さないようにするしかなさそうです。ともかく、うっすら見える程度が精一杯・・・。

Dsc_0116

 ところで、この「虹」という漢字、どうして虫偏なんでしょうか?昆虫と何か関係あるの?これはなかなか深い疑問です。その他の自然現象に関する漢字を見てみると、ありました。「蜃気楼(しんきろう)」です。虫偏ではありませんが、「しん」の字に「虫」が含まれています。

Dsc_0641

 これにはどうやら理由があるようです。漢字の生まれ故郷である古代中国では、「虫」の意味する範囲が現代と違っていました。そもそも「虫」という漢字はヘビをかたどった象形文字で、特にマムシなど、毒ヘビを指していたようです。よく見るとこの漢字、ヘビが鎌首をもたげているように見えませんか?

 「虫」の旧字体は「蟲」です。なんだかごちゃごちゃした漢字です。小動物がたくさん集まって群れているような雰囲気ですね。古代中国では、外見から動物を「鳥」「獣」「魚」に大きく分け、このどれにも当てはまらない小動物の総称を「蟲」と呼んでいました。

 このため、蝦(えび)・蛤(はまぐり)・蛙(かえる)・蛇(へび)・蜥蜴(とかげ)・蟹(かに)・蚯蚓(みみず)・蠍(さそり)など、昆虫以外の生き物にも虫がつきます。ちなみに私はさそり座生まれなので、蠍が虫偏なのはうれしいかぎりです。また、コウモリ(蝙蝠)などは所属不明の中途半端な生物なので、やはり虫偏が使われています。

Dsc_0064

Dsc_0192

Dsc_0242


 「虹」は、その昔、中国では龍だと認識されていたようです。このため、虫偏がついています。また、蜃気楼の「蜃」の字はオオハマグリを表します。そしてオオハマグリが気を吐くと楼閣が出来上がるという伝説があるんです。このため、空中に浮いた楼閣を蜃気楼と呼ぶようになりました。

 昔の中国では、人間もまた「虫」でした。漢字を見るとそれが判ります。例えば野蛮の「蛮」。これは、未開人の事です。また、「蝕む」「触る」「「蠢く(うごめく)」「蟠り(わだかまり)」「蟄(かくれる)」など、少し虫がもぞもぞするような表現も、「虫」の字が含まれています。

 面白いのは貝類です。「貝」という字が入った漢字は、例えば貨・財・賞・賃・貴・貢・賃・貸など、生きた貝類を表すものはひとつも含まれていません。それに対し、蛤(はまぐり)・蜆(しじみ)・蝸(かたつむり)・栄螺(さざえ)など、生きた貝はすべて虫偏です。これはその昔、貝殻が貨幣として使われたことに由来するわけなんですが、このあたりに中国人の拝金主義・ガメつさが如実に現れているように思います。

 さて、私は虫好きなので、こういうトリビアは大好きです。基本的に虫は好きなんですが、ひとつだけ問題があります。それはナメクジです。どうしたわけか、私はこの生物にものすごく抵抗感があります。ナメクジも漢字で書くと「蛞蝓」、立派な虫偏です。ちょっと近寄りたくないんですが・・・(>_<)(>_<)(>_<)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2014年12月 5日 (金)

沖縄料理の意外性 Unexpected Okinawan foods

 沖縄は長寿県・・・という認識が崩れつつあります。肥満体の人が多く、油気の多い食事を取り、運動嫌い。むべなるかな・・・という思いです。

 沖縄に行ったときの定番ランチはやはり沖縄そば。それも豚肉がどっさり載ったソーキそばが一般的なんですが、最近は私も歳のせいか、盛りの大きなソーキそばを食べるのがきつくなってきました。そこで目に付いたのが「野菜そば」。いかにもヘルシーな響きです。ところが、これが見事に裏切られました。脂たっぷり・豚肉たっぷりの濃厚な野菜入り豚肉炒めが、普通の沖縄そばの上に山盛りに載っています。この脂が食後いつまでも口の中に残り、なんとも重過ぎる昼食になってしまいます・・・(>_<)(>_<) いくつかの店で野菜そばを注文したんですが、たいていこんな感じです。

Dsc_0018

 沖縄には魚のから揚げが多くあります。グルクンやミーバイがお勧めで美味しいんですが、たまには冒険をしてみようと思い、うつぼのから揚げを注文してみました。というのは、関西の方はご存知なんですが、うつぼに顔が良く似ている、「はも」が非常に美味しいんです。なので、うつぼもいけるかな?と思ったわけです。
 ところが、これがまたものすごくビミョー(@_@;) 意外なものに食感が似ています。何と、「もち」に似てるんです。皮下脂肪のかたまりのようなものが身にへばりついており、もちそっくりの食感・・・(@_@;) 

Dsc_0418

 那覇市内の、とある食堂の定食メニュー。とにかくモーレツなボリューム。。。こんだけ食べたら、そら太るわ・・・(@_@;) 

Dsc_0655

 というわけで、私は自称沖縄病なので、かなりの回数沖縄に出かけており、どこで何を食べたら美味しいか、よく把握しているつもりなんですが、その裏には結構、試行錯誤やチャレンジがあったことをお忘れなく!!!(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年12月 1日 (月)

師走 Shiwasu

 12月は「師走」といわれます。年末はみんな多忙。先生も走らなければならないほどあわただしい・・・ということでこの呼び名が付いたとか。なんだか冗談のような呼び名ですけどね・・・(^_^;)
 今回は私的には、こんなのんびりしたことを言いたいのではありません。先生にはもっと考えていただきたいと思った次第です。

 というのは・・・「ジャポニカ学習帳」というのをご存知でしょうか?小学生が持っている表紙がカラー写真の、あのノートです。

 なんと、あのジャポニカ学習帳の表紙から昆虫写真が消えたそうです。それもすでに2年前から・・・(>_<)(>_<)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141127-00010002-withnews-soci

 しかもその理由がまた大問題。親や教師から「気持ち悪い」というクレームが相次いだとか・・・(>_<) なんとも、変な世の中になったものです。そもそもこの種の写真は、単に好き・嫌いで選ぶのではなく、もっと自然科学に対する認識をより深く持たせるような配慮が必要だと思います。そういう意味では、昆虫写真廃止という判断は良くないと思います。特に教師の人たちは、生徒に昆虫に興味を持たせる、あるいは興味を持つ生徒を拾い上げる・・・そういったことに心を砕くべきです。

 以下に私の撮影した写真の中から、ジャポニカ学習帳ふうの昆虫写真を取り上げ、並べてみました。本家の学習帳とは何ら関係の無い写真ですので、悪しからず・・・(^_^;)

Dsc_0139サキシマヒラタクワガタ


Dsc_0049_49ナナホシキンカメムシ


Dsc_0046ツマキチョウ


Dsc_0076アカスジベッコウトンボ


Dsc_0580ジャコウアゲハ


 というわけで、私もより積極的に虫の写真をお届けしようと思った次第です。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年1月 »