« 花粉 Pollen | トップページ | 大きさ Width »

2015年2月 6日 (金)

熱燗 Hot Sake

 当たり前ですが、冬の夜は冷えます。こんな時でも「とりあえずビール」という人も多くおられるんですが、そもそも私はあまり炭酸飲料は得意ではありません。夏の暑いときなら、よく冷えたビールを一気・・・というのもアリなんですが、寒い冬はいきなり熱燗がうれしいです・・・(*^_^*)

 というわけで、まずは熱燗をひとつ。この徳利は丸っこくて小さく見えるんですが、二合徳利です。突き出しが見えますが、たらの白子です。この夜は北海道でも寒さの厳しい道東。釧路の町でのちょっと一杯です。

Dsc_0426

 そして鯨の刺身。私は赤身が好みです。これは馬刺しやまぐろであっても同じで、脂っこいものよりも、赤身が美味しいと思います。

Dsc_0427

 牡蠣です。かなり大ぶりなもので、火であぶってある焼き牡蠣です。こうすると、新鮮でないものは身が縮んでしまうんですが、この牡蠣は結構もとの大きさを保ってました。

Dsc_0429

 つぶ貝の刺身です。私の知人にも貝類に目が無い人がいるんですが、これは北海道で食べたつぶ貝・・・なかなか内地ではこんなに立派なものは手に入りません。

Dsc_0430

 そして、締めはお握りです。北海道で締めといえばまず味噌ラーメンを思い浮かべるんですが、私はあまり味噌ラーメンは好きではないので、お握りにしてみました。おコメが美味(*^_^*)

Dsc_0431




 なんか居酒屋メニューが並んでしまい、ご機嫌な雰囲気なんですが、今日のテーマはこれからです。ここのところ日本酒熱燗の地位がますます低下し、ほとんど市民権が無いような状態です。なぜ、こんなに惨状とも言える状態に陥ってしまったんでしょうか? ともかく居酒屋、それもチェーン店みたいなところで日本酒熱燗を頼むと、銘柄の選択範囲も限られ、温度管理もぬるかったり熱すぎたりで、まったくなっていないことも多々あります。さらに熱燗を飲む人が少ないのか、酒そのものが開封して長期間たち、変質してしまっていることさえありました。

 日本酒は世の中に存在するさまざまなアルコール飲料の中で、唯一、多彩な温度で飲むことが可能な酒です。こんなのはご存知でしょうか?

   雪冷え    5℃
   花冷え    10℃
   涼冷え    15℃
   常温      20℃
   日向燗    30℃
   人肌燗    35℃
   ぬる燗    40℃
   上燗      45℃
   熱燗      50℃
   飛切燗    55℃以上

 いずれもそれぞれに味のある飲み方だと思いますし、その表現自体に風雅を感じます。なお、「冷や」といえば、冷蔵庫で冷やした「冷酒(れいしゅ)」ではなく、「常温」のものです。これもしばしば混乱が起こるんですが、間違いの無いようにしてほしいものです。「冷や酒」と「冷酒」では、間に「や」が入るかどうかで大きな違いがあります。

|

« 花粉 Pollen | トップページ | 大きさ Width »

飲み物・食べ物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584080/60892823

この記事へのトラックバック一覧です: 熱燗 Hot Sake:

« 花粉 Pollen | トップページ | 大きさ Width »