« みにくいあひるの子 The ugly duckling | トップページ | たけのこ Bamboo shoot »

2015年5月30日 (土)

三蔵法師 Buddhist Sanzo

 奈良西ノ京にある薬師寺は、金堂の両側に東塔と西塔を従え、非常に立派な寺院で世界遺産にも登録されています。東塔は薬師寺創建当時より現存している唯一の建物で、1300年を経過しているといわれます。平成21年より31年まで解体修理の予定で現在はその姿が見られませんが、写真はその修理前のものです。また、西塔は1981年に再建されたもので、色鮮やかな姿をしています。いずれの塔も六重に見えますが、これは「裳階(もこし)」と呼ばれる小さい屋根があるためで、実際には三重塔です。。。

0054

 実は、この薬師寺には、あの孫悟空の活躍で有名な西遊記に登場する、玄奘三蔵が祀られています。三蔵法師という表現は、固有名詞ではなく一般名詞・尊称であり、仏教の経典である経蔵・律蔵・論蔵の三蔵に精通した高僧のことをこのように呼ぶのだそうです。そして、多くの三蔵法師の中で最も有名なのが、玄奘三蔵だそうです。

 薬師寺では、毎年の玄奘三蔵大祭(5月5日)の日没後、万燈供養会が執り行われます。しっとりした雰囲気の燈明で、なかなかよい雰囲気です。。。

_0020

Dsc_0046

Dsc_0020

 玄奘三蔵院伽藍の中には、平山郁夫画伯の描いたシルクロード「大唐西域壁画」が雄大に描かれています。4000枚を超えるスケッチを元に約20年かけて描かれた大作です。なかなかの見ものですよ・・・。

Dsc_0033

Dsc_0034

|

« みにくいあひるの子 The ugly duckling | トップページ | たけのこ Bamboo shoot »

風景いろいろ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584080/61593547

この記事へのトラックバック一覧です: 三蔵法師 Buddhist Sanzo:

« みにくいあひるの子 The ugly duckling | トップページ | たけのこ Bamboo shoot »