« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »

2016年2月27日 (土)

ラムサール条約 Ramser Convention

 時々、「ラムサール条約」という国際条約がTVや新聞に登場します。どんな条約なんでしょうか?実は「ラムサール」というのは、この条約が作成されたイランの都市の名前です。正式名称は「特に水鳥の生息地として国際的に重要な湿地に関する条約」という長ったらしい名前なんですが、これでほぼこの条約の性格がわかります。

 条約の制定は1971年、1975年に発効しているんですが、日本で発効したのは1980年。最初の指定地候補は北海道の釧路湿原でした。今では150ヶ国・1800ヶ所以上の湿地が登録され、日本国内でも2015年現在、51ヶ所が登録されています。

Dsc_0007

Dsc_0009

 釧路湿原はその中でも最も規模が大きく、世界的にも有名な湿地帯です。特別天然記念物であるタンチョウヅルが生息することもあり、国内外を問わず訪れる人も多いです。この地域ではタンチョウヅルは冬場だけではなく、夏季の繁殖地にもなっており、年間を通して見ることが出来ます。

 ところで、見落としてはならないのが「生物多様性(Biodiversity)の問題です。タンチョウヅルが年間を通して生息できる=餌が豊富であるということです。おそらく淡水魚・水生昆虫・水生植物など、かなり多彩な生物が数多く生息しているはずです。

Dsc_0107

Dsc_0011

 「タンチョウヅル」を守るのではなく、「湿原の多様性を守る」という考え方が本筋なのだと思います。単に冬場の鶴の餌を確保するだけでは、生物多様性を確保することにはなりません。このことは他の著名な生物の場合にも言えると思います。「著名な生物を含めた生息地の生物多様性を将来にわたって確保する」ことこそが重要なのだと思います。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月23日 (火)

意外にも・・・(2) Surprising...(2)

 実は前回の更新に使ったカワセミの写真は2月6日(土)に撮影したものなんです。昨年までは全く見かけなかったんですが、この時に初めて目にしました(@_@;) そしてその翌日2月7日(日)に再び同じ場所を訪れたところ、やはりいました(^_^)v 行っては戻り、また行っては戻り・・・何度も同じ場所にやって来ます。枯葉の多い時期なので、鮮やかな羽の色が目立ちます。 

 2月6日(土)はデカい望遠レンズを持ってきてなかったんですが、今回の写真は翌7日(日)にデカい望遠レンズで撮ったものです。やはり画像のヌケが違い、くっきりと写ります。。。

Dsc_0149


Dsc_0139


Dsc_0125


Dsc_0112


Dsc_0111


Dsc_0088


Dsc_0019

 なかなかいい感じに写真に収めることが出来ました・・・(^_^)v それにしても、一眼レフを持った人が周囲をウロウロしていたのに、誰も気付かずでした。花を撮影している人がほとんどのようで・・・。ともかく、都市部周辺のカワセミ。まだ当分の間、楽しめそうです(^.^)/~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月20日 (土)

意外にも・・・ Surprising...

 我が家の近くにある公園の池です。あまりきれいではありません。

Dsc_0385

 ところが、この池にカワセミがやって来るのを発見しました。こんなところに意外です。。。Dsc_0372


Dsc_0371

 最近、カワセミが都市部に進出しつつあるという話は聞いてはいましたが、まさかこんなところで出会うとは思ってませんでした。クレソンが生えている、ほとんど水溜りのようなところにも見かけました(@_@;)

Dsc_0373

Dsc_0384

 シャッターチャンスはいつやってくるか判らないですね・・・(^_^)v


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月16日 (火)

癒し Healing

 私は基本的に軟体動物が苦手なんです。。。とくにナメクジとかがきしょく悪い・・・(>_<)

 でも、クラゲがふわふわ浮かんでいるのは、なんとなく癒されます・・・(^_^)v

Dsc_0106

 私は昆虫や植物には詳しいんですが、クラゲはよく判りません(・。・) 名称不明なので、姿だけ見て楽しんでください!(^^)!

Dsc_0189

 真ん中の球体が雰囲気を醸し出してますね。。。

Dsc_0212

Dsc_0218

 あまりにも繊細な、透明で小型のクラゲ。。。

Dsc_0147

 体内に電気でも通ってるんでしょうか???

Dsc_0159

Dsc_0113

Dsc_0149


 溶けそうな感じ・・・(^^♪

Dsc_0128

Dsc_0100

 この朱色はすごい迫力ですね・・・(@_@;)

Dsc_0107

 というわけで、真冬の水族館もなかなか楽しいですよ・・・(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月15日 (月)

新顔 New Face

 今年になって撮影したものです。

 猫族。。。
Dsc_0011

 顔に付いてるのがかえって気になるんですが。。。

Dsc_0991


Dsc_0001




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月13日 (土)

聖バレンタインデー St. Valentine's day

 明日はいわゆるバレンタインデー。日本では一年中で最もチョコレートの消費量が増える時期です。きっとさまざまなドラマも生まれるんでしょう。。。

 ここでひとつ、「日本型」バレンタインデーの分析を試みてみましょう。

○贈答品にチョコレートが重視される。
○女性から男性への一方通行的贈答である。
○女性の愛情表明の機会と認識されている。

といった特徴があります。もともとキリスト教の祭日だったようなんですが、ともかく日本人は欧米の宗教行事を自分流に解釈して独自のイベントに仕立て上げるのが非常に得意。クリスマスもそうですし、ハロウィーンもそうです。もっともハロウィーンはヨーロッパではアイルランド以外ではほとんど認知されておらず、興味も持たれていないんですが・・・。

 海外のバレンタインデーを見てみますと、どうやら男女にかかわらず花やケーキ、カードなどを恋人や親しい人に贈る形式の地域が多いようです。義務的でないのでよいと思います。個人的な話ですが、私は冬になると痔が悪化することがあります。このときにチョコレートを食べるのは、非常にきついんです。ちょっと前まで義理チョコなるものが大量に配られたりしていて大変な事態が生じたこともあったんですが、最近は一時に比べて義理チョコが圧倒的に少なくなり、胸をなでおろしている次第です(^_^;)ともかく、いろんな食べ物の中で最も痔に良くないのはチョコレートです。。。

 チョコレートの原料は「カカオ」の果実です。写真を見ますと、なんとも独特な雰囲気を持っています。このように幹に20センチを超えるような大きな果実が直接ぶら下がります。

P1010048

 当然なんですが、花も直接幹に咲きます。。。

Dsc_0627

 このような開花・結実を行なう植物は熱帯地方でしばしば見られます。幹に直接つくので、「幹生花」あるいは「幹生果」と呼ばれます。どちらも「かんせいか」と読むんですが・・・。熱帯植物ですので季節感があまりなく、花と果実が同時に見られることもあります。

Dsc_0627_2


 カカオの果実を巡る国際情勢も非常に複雑です。まず、一部の生産国で児童労働に頼っているという現実があります。さらにカカオは先物市場のひとつとして投機的に扱われ、実際の流通量の数倍の量が取引されています。このため国際価格は乱高下。カカオ農家は価格が下がった時には大きな損害を被ります。また、このカカオという作物、大規模生産に向いていません。というのは、成木になるまでの間は他の植物の陰で強い太陽光線を避けて育てる必要があるんです。非常に手間がかかるため、零細な個人農家が多くなります。これらの理由から「20××年には世界中のカカオ豆の在庫がなくなる」といった話が飛び交います。

 この先、チョコレートはどうなるんでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 9日 (火)

優雅 Elegant

 タンチョウヅルが飛来し、着陸する瞬間の写真を集めてみました。あくまで優雅。。。地上のどの生物よりも飛び抜けてエレガントなのではないかと思ってしまいます・・・(^^♪

※実はこの中に着陸ではなく、飛び立つ時の写真が一枚含まれているんですが、どれか判りますか?

Dsc_0151


Dsc_0114


Dsc_0644


Dsc_0207

Dsc_0240

Dsc_0409

 「鶴のひと声」ということわざがあります。多くの人の議論や意見を押さえつける有力者・権力者の一言・・・という意味だそうです。優雅な姿に似合わず、かなり威圧的な、甲高い声を発して、タンチョウヅルの群れが飛来してきます。まるであたりの寒気を制圧するような、乾いた鳴き声。。。なかなかドラマチックな瞬間です(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 6日 (土)

シンクロナイズド Synchronized

 タンチョウヅルはオスとメスがシンクロすることがあります。。。なかなか稀有な瞬間です。

Dsc_0174

 この場所は結構カメラマンが多く訪れます。白い雪の大地と白いタンチョウヅル。バックに暗い森林。そして、森の暗さゆえにタンチョウヅルが吐き出す息の白さが目立ちます。

Dsc_0169

Dsc_0175

 足並みそろえて・・・

Dsc_0612

 純白の翼が逆光に映えます。。。

Dsc_0280

 そしてこれはタンチョウヅルお得意のポーズ。飛んできて着陸した直後に、このポーズを取ります。。。

Dsc_0181

 私が今年の正月に知人から頂いた新潟の酒5本セットの中に、このような銘柄がありました。タンチョウヅルが羽ばたく姿が描かれています。江戸時代には本州、とくに関東地方などでも見られたようですが、現在では確実に見られるのは釧路湿原の周囲に限られるようです。

Dsc_0029

 実はタンチョウヅルはかなり巨大な野鳥。身長は1メートル40センチ。翼を広げると2メートル40センチにもなります(@_@;) 頭上を飛ぶとかなりの迫力。一度見に行きませんか?(^_^;)

Dsc_0741


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 2日 (火)

大丈夫? Are you OK?

 今年の冬は暖かいのか?それとも寒いのか?

 昨年末から今年の初めにかけては暖かい気候が続き、地球温暖化をひしひしと感じるような状況だったんですが、1月後半は一転して寒い冬・・・(@_@;) 特に1月24日・25日頃は西日本で記録的な低温や降雪がみられ、なんと沖縄本島名護市では観測史上初、久米島では39年ぶり、奄美大島では115年ぶりに雪が降ったと報じられました。。。

 私がたびたび訪れる石垣島。12月~1月半ばまでは非常に温暖な気候で、例年より蝶の姿をたくさん見かけました。この時期にこんなにたくさんの種類を見かけるのはめったにありませんでした。さて、1月後半の寒波の影響はいかほどだったのでしょうか?次回石垣島に行くのは3月後半になると思うんですが、彼らは生き残れるのでしょうか?

 寒波で全滅というのは、一見かわいそうに思えるんですが、この地域の蝶は昔からこういうことを延々と繰り返してきました。夏~秋の台風シーズンにフィリピンや台湾などから風に運ばれてやってきて、一時的に定着。。。そしてあるものは一年で全滅。またあるものは数年間繁殖を繰り返して全滅。。。生存競争の最前線というのは、いずこの地でも過酷なものです。

 イワサキタテハモドキ。ここ数年石垣島に定着していますが、それほど寒さには強くありません。

Dsc_0535

 リュウキュウムラサキです。「琉球」という名が付いていますが沖縄土着の蝶ではなく、さらに南方から飛んできます。おそらく日本に姿を現すあらゆる蝶の中では最も寒さに弱く、25℃を下回ると動けず、幼虫も生育出来ないと思われます。

Dsc_0521

 ツマベニチョウです。非常に南国的な色彩の蝶ですが、九州の南端まで生息しているため、多少は寒さに強いようです。ただし、九州では決して真冬に飛び回ったりはしませんが・・・。

Dsc_0427

 ツマムラサキマダラです。1992年頃から沖縄本島で姿を見かけるようになりましたが、それ以前は永らく台湾が北限でした。地球温暖化の影響なのか、着実に北へ分布を広げつつある蝶です。

Dsc_0247

 ヤエヤマイチモンジ。オスとメスで全く斑紋が違う蝶として有名です。それにしても真冬に見かけるのは珍しいです。。。

Dsc_0073

Dsc_0064

 最後はベニモンアゲハ。この蝶も紅色のビビッドな斑紋を持ち、南国的な雰囲気です。

Dsc_0217

 ついでですが、真冬にも屋外にアサガオが咲いています・・・(・。・)

Dsc_0060

 さて、次回訪問時にはどんな状況になってますでしょうか???(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年1月 | トップページ | 2016年3月 »