« 主張する!!! Insist!!! | トップページ | ダイエット Diet »

2016年3月29日 (火)

トリミング Trimming

 一般の人にとって、「トリミング」とは犬などの毛を刈り込んで形を整えることを言います。ところがここで言う「トリミング」は写真用語。画像の一部だけを切り出す加工のことを写真の世界では「トリミング」と称しています。まあ、どちらも不要な部分は切り取り、必要な部分だけ残すと言う行為です。。。

 昨年の年末、釧路近郊でオジロワシを撮りました。ところが結構距離があったので、被写体であるオジロワシが小さく写ってしまい、少々迫力不足です(>_<)

Dsc_0894

 この写真の元画像は画素数が4928×3280ピクセル、サイズは8.20MBもあります。このため、一部を切り取って被写体であるオジロワシをもう少し大きくすることが可能です。こんな感じになります。まっすぐこちらを向いて正面顔・脚には魚を掴んでいるのがよく判ります。こういった画像編集のやり方をトリミングと称しています。トリミングはフィルムと暗室を使った銀鉛写真の頃から行なわれていましたが、デジタルカメラが一般的になってからはパソコンの画面上で画像処理ソフトを使い、よりお手軽に出来るようになりました。

Dsc_0894_2

 さらにトリミングを進めていきます。鳥の表情や目付き、爪の鋭さまで鮮鋭に描かれ、望遠効果による迫力が出て来ました。。。

Dsc_0894_2_2

 同様に今度はタンチョウヅルです。出来るだけペアで仲良さそうにしている様子を撮影したいところなんですが、鶴の数が多く、余計なヤツが写り込んでしまいます・・・(>_<)

Dsc_0183

 再びトリミング登場です。このようにトリミングは余計なものを切り取る作業にも非常に便利です。。。

Dsc_0183_2

 非常にお手軽にこういったことが可能なため、一部のストイックな写真家などからはトリミングに対する批判もあります。でもまあ、「作品」として考えれば別にいいのではないかと思います。参考までにトリミングしていない写真は「ノートリミング」と呼ばれ、作者の撮影技術の高さを示す、より価値の高いものとして扱われる場合もあるようです。まあ私にとってはどうでもいいんですが・・・(^_^;) ちなみに下の写真はノートリミングです。。。

Dsc_0741


 写真展なんかで大きく引き伸ばす必要があるときには、トリミングすると画質の低下が顕著で、ノートリミングの方がいいんですが、ブログやツイッターなど、あまり大きくなくても良い場合にはトリミングしても一向に構わないと思います。。。


|

« 主張する!!! Insist!!! | トップページ | ダイエット Diet »

動物・鳥・などなど」カテゴリの記事

実験室」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584080/63307481

この記事へのトラックバック一覧です: トリミング Trimming:

« 主張する!!! Insist!!! | トップページ | ダイエット Diet »