« ダイエット Diet | トップページ | 貝を食べる(2) Eat Shellfish(2) »

2016年4月 2日 (土)

貝を食べる Eat Shellfish

 少し思い立ったので、今までに撮った写真の中から食用の貝の写真を集めてみました。。。

 まずはヨーロッパ代表の貝。エスカルゴです。。。スープがなかなかの絶品なんですが、これはパセリとニンニクのみじん切りを練り込んだエスカルゴバターと呼ばれるものです。エスカルゴはフランスが本場で、ブルゴーニュ産のものが有名ですが、野生種はすでに食用として捕り尽くされ、絶滅寸前となっています。食用カタツムリとして流通しているものはほとんどが穀物などを餌として与えられている養殖もので、まれにブドウの葉を食する天然に近いものも流通するようです。写真の皿はエスカルゴ専用のもので、貝殻が転がらないように窪みがあります。

Dsc_0026

 エルカルゴと来れば、次はムール貝でしょう。ムール貝の和名は「ムラサキイガイ」。日本では汚染された海岸等に繁殖し、雑菌が多くてあまり食用に向いていないようなんですが、海外では最も多く食べられている貝類です。ちなみにムール貝の水揚げを見てみると、全世界で年間130万トン。これはホタテ150万トン、カキ97万トンに対しても遜色がありません。最も多く獲れる国はスペインで20万トン。ただしすべて自国消費されるそうです。中国が約10万トンも獲れるのが不気味なんですが、日本に入ってくるのはほとんどがニュージーランド産ですので安心してください。ちなみに日本国内産のムール貝は東北や三重県にわずかにある程度です。ホタテ産地の北海道サロマ湖などではホタテと生育条件が似ているため邪魔者と見なされ、ホタテやカキの水中垂下式の養殖ではムール貝がつかないように何度も掃除します。。。

Dsc_0025

 いちばんポピュラーなのはワイン蒸しですね。。。

Gyrodsc_0028


 パエリヤのトッピングなんかにも使われます。。。

Dsc_0021

 欧風の貝となると、やはりこのくらいでしょうか?ホタテやカキは和風のイメージが強くなります。次回は国産の様々な貝類をアップしようと思います。。。



|

« ダイエット Diet | トップページ | 貝を食べる(2) Eat Shellfish(2) »

飲み物・食べ物」カテゴリの記事

魚・などなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584080/63335545

この記事へのトラックバック一覧です: 貝を食べる Eat Shellfish:

« ダイエット Diet | トップページ | 貝を食べる(2) Eat Shellfish(2) »