« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月30日 (土)

貝を食べる(6) Eat Shellfish(6)

 人類が太古の時代から貝を食してきたことは、世界各地に貝塚なるものがあることをみても明らかです。そしてこのシリーズもひとまず今回が最後。。。南の島沖縄の貝類をご紹介しますp(^^)q

 まずは那覇の公設市場。こんなのが売られています(@_@;) 「夜光貝」と呼ばれるこの貝は別に夜中に光るわけではありません。「屋久貝」すなわち屋久島の貝から来ています。驚くのはその大きさで、2kgを超え、直径15~20センチくらいになります。リュウキュウサザエ科に属し、立派な貝殻で内側が真珠のような光沢があり、オブジェにしても見栄えがします。。。
 夜光貝は身がかなり固いので、圧力釜を使って調理することが多いようです。

Dsc_0050

 タカセガイです。これも大型の巻貝で、直径15センチくらいに成長します。横から見るときれいな三角形に見え、赤褐色の幾何学模様が目立ちます。沖縄の海に比較的よく見られ、西表島なんかではサトウキビ畑に貝殻がゴロゴロ転がっていたりします(・。・)

Yjimage44pxe1sv

 これら夜光貝やタカセガイはバター炒めが定番。写真のものはタカセガイですが、もやしやニラ、きのこなどと一緒に調理しています。肉厚で、ちょっと特徴のある食感が魅力的です。磯臭さも無く、フランス料理などの食材にも向いてそうです(^_^)v

Dsc_0028

 同じく沖縄の海岸でよく見かけるシャコガイです。これは貝殻なんですが・・・(^_^;)

Dsc_0016

 生きているときは、こんなふうに珊瑚礁の中に固定され、動けません。。。

Dsc_0133

 このシャコガイを載せた軍艦巻きです(@_@;) これは沖縄の寿司屋でしばしば出てきますが、この写真は石垣島にある日本最南端の回転すし店のものです。かなり磯臭い風味で、人によって好き嫌いがあるかもわかりません。現地では「ギーラ」という、怪獣のような名前で呼ばれています(・。・)

Dsc_0101

 ちなみにこの日本最南端の回転すし店では、タカセガイの軍艦巻きもあります。やはりちょっと独特の食感です。。。(^_^)v

Dsc_0099

 というわけで、貝シリーズも今回でおしまいです。食に関するものはなかなか奥が深く、興味深いものが多いです。。。次のシリーズは何にしょうかいな???(^.^)/~~~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月26日 (火)

貝を食べる(5) Eat Shellfish(5)

 前回は北国の貝だったんですが、今回はオーソドックスに行きましょうか。。。
 まずは定番の「あさり」です。日本人には最もなじみの深い貝類ではないでしょうか?(^_^;)

 私的にはアサリといえば、やはり酒蒸しです。。。

Dsc_0024

 アサリはイタリアンでも大活躍。。。ボンゴレビアンコは私のパスタの定番です。。。

Dsc_0032_2

 こんなのもあります。「深川めし」です(^_^)v

Dsc_0281

 そしてハマグリ。以前はかなり一般的な貝類だったんですが、最近は目にする機会が減ってしまいました。。。中国産が主流になり、ちょっと残念です。(@_@;)

Dsc_0028_2

 最後は「しじみ汁」ですね(^^♪

Dsc_0027_2

 島根県の宍道湖あたりでは、かなり巨大なしじみが獲れます(@_@;) 巨大で美味しいです。。。

20080501dsc_0007

20080501dsc_0012





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月23日 (土)

貝を食べる(4) Eat Shellfish(4)

 北国の貝をご紹介しましょう。。。

 まずはつぶ貝の刺身です。やや大型の巻貝で、北海道などでよく出てきます。。。

Dsc_0430

 このつぶ貝は刺身だけではなく、焼いて食べてもなかなか美味です(^^♪ 釧路市内のとある店の「つぶ焼き」。北国の極寒の夜。これに熱燗があれば至福の瞬間です。。。

Dsc_0027

 「牡蠣(かき)」です。。。最も一般的な貝のひとつですが、これの巨大なヤツはなかなか食べ応えがあります。北海道は厚岸が牡蠣の産地なんですが、焼いてレモンが非常に美味です。。。

Dsc_0429

Dsc_0030

 北海道と言えばやはりホタテでしょう。最近では丼ものを多く見かけます。やはりB級グルメが流行っている影響でしょうか?これは根室標津の三色丼ですが、ホタテ・イクラ・サケ(かつお節に隠れて見えません)・厚焼き卵がトッピングされています。。。

1457856347834

 さらにこれは「イクラホタテ丼」。。。(^_^)v

Dsc_0028

 左は刺身。右は焼きホタテです。。。

Dsc_0022

 ホタテは洋風料理にも合います。なぜかアワビの貝殻に盛られたホタテグラタン。。。

Dsc_0032





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月19日 (火)

春の女神(3) Spring Ephemeral(3)

 4月16日(土)も天気が良かったので、信州の某所に行ってきました。ここではヒメギフチョウの撮影が出来ました。

Dsc_0132

 ヒメギフチョウはギフチョウよりさらに上品で繊細な印象です。。。

Dsc_0192

 ヒメギフチョウ飛ぶ!!!

Dsc_0136

Dsc_0080

 ウスバサイシンに産卵中のヒメギフチョウです(^^♪

Dsc_0300

 ところで信州はそばの名所。。。美味しかったです(^_^)v 大盛りを頼んだら、皿そばが2枚出てきました。。。

Dsc_0029

 その上、山菜の天ぷらが無料サービスです(@_@;)

Dsc_0028

Dsc_0030

 モーレツに濃いそば湯。。。

Dsc_0031

 やっぱり春ですねぇ・・・(^_^;)

Dsc_0119





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月18日 (月)

黒と白 Black and White

黒と白・・・

Dsc_0004

Dsc_0008

Dsc_0098








| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月15日 (金)

春の女神(2) Spring Ephemeral(2)

 前回に引き続き先週末の北陸のギフチョウです。ともかくカタクリの多さ。。。
 林道の真ん中にもカタクリ。。。

Dsc_0003

 そこらじゅうカタクリ。。。

Dsc_0189

 あっちもこっちもカタクリ山!!!(@_@;)

Dsc_0199

 ともかく猛烈な量のカタクリとギフチョウ。。。
 飛び立つギフチョウ連写しました(^_^)v

Dsc_0068

Dsc_0069

Dsc_0070
 ともかく、いまだかつて経験したことの無いくらい、猛烈な量のカタクリとギフチョウでした・・・(^^♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月11日 (月)

春の女神 Spring Ephemeral

 このブログは全然タイムリーじゃないんですが、今回はタイムリーなネタをアップします(^_^)v

 ギフチョウです。春の女神とも呼ばれます。。。で、私的にはこの蝶の写真を撮りに行かないと春がやってきた気がしません・・・(^_^;)

 そして定番はカタクリの花にギフチョウ。。。最も絵になる春の風景です。4月9日~10日の週末にはギフチョウ撮影を狙って北陸へ行ってきたんですが、なかなか素晴らしい撮影が出来ました(^_^)v

Dsc_0414

Dsc_0248


Dsc_0408


Dsc_0156

 今回は飛行機で行ったんですが、北アルプスはまだまだ雪の世界です・・・(@_@;)

Dsc_0013





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 9日 (土)

貝を食べる(3) Eat Shellfish(3)

 「あわび」というと、かなり高級食材というイメージがあります。ところが私が単身赴任をしていた島根県では結構スーパーで売られていたりしました。ただし、値段はやはりちょい高め。。。下の品物が1980円でした。それでもまあ、アワビの刺身がたっぷり入っており、都会よりもかなり安いんですが・・・。

P1090035

 海産物の安いところというのは、なかなか良いものです。同じく島根県ですが、この「焼きあわび」は1280円也。そこそこの大きさでした。アワビは刺身で食べるとかなり歯ごたえがあり、あまり分厚く切ると歯が立たないんですが、焼くと食感が変わり、なかなか豪快な食べ方を楽しめます。

Dsc_0025

 同じく島根県なんですが、面白い食材を見つけました。「ばい貝」です。値段も安くて、なかなか食べ応えがありました。

P1090074

 ばい貝は煮付けにすると非常に美味です。。。

P1090072

 このほかに居酒屋に行くと「にな」と称する貝が突き出しで出てきましたが、どうみても「ばい」に見えます。

Dsc_00023

 貝も地方名が多いのでしょうか?これもまあ、よくあることです(^_^;) ちなみにこれはキサゴの一種。「ながらみ」と呼ばれる貝です。。。

Dsc_0026



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 5日 (火)

貝を食べる(2) Eat Shellfish(2)

 最も日本的な食用貝といえば、やはりサザエでしょうか?特にさざえのつぼ焼き。。。あの磯臭さがたまりません。海外、特に欧米では磯臭さは悪臭とみなされるんですが、我々にとっては風雅な香りとなります(^_^)v

Dsc_0027

 私は一時島根県に単身赴任していたんですが、スーパーではサザエが安く売られており、ちょくちょくサザエのつぼ焼きなどを作って一人悦に入ったりしてました。特に緑色の生殖腺はほろ苦く、関西では「ばば(排泄物の意)」と呼んでいましたが、日本酒に合い、酒肴としてはなかなか優秀な一品です。本来は冬~春が旬ですので、熱燗の時期に最も美味となりますが、海水浴の海の家などでよく出てきたりもします。夏場は身が痩せて、あまりよろしくないんですが・・・(>_<)

P1090028

 一般に貝類は重金属や貝毒が蓄積することがあり、市販されているものは貝毒検査が行なわれています。ところが検査対象となっているのは二枚貝だけで、サザエなど巻貝は対象になっていません。でも、ご安心ください。貝毒の蓄積はプランクトンを食する二枚貝だけに起こる現象です。サザエは海草を食べますので、このような毒素の蓄積はありません。。。

P1090029

 サザエの大きな特徴として、殻に生えた棘が挙げられます。ところが、この棘がないサザエも見られます。この写真のサザエは愛媛県の瀬戸内海産のものです。波の少ない海に産するものは棘が無く、波の荒い外海に産するものは棘が発達するということが言われていますが、実際には逆の場合もあり、よく判っていません。。。

P1090045

 酒のつまみは子供が好んで食することがしばしばあります。どういうわけかサザエの壷焼きは私が幼稚園の頃(何時のこっちゃ・・・)に好んだ食べ物です。かなり苦く、子供向けではない食感と風味なんですが、当時から酒飲みの資質があったんでしょうか???(^_^;)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 2日 (土)

貝を食べる Eat Shellfish

 少し思い立ったので、今までに撮った写真の中から食用の貝の写真を集めてみました。。。

 まずはヨーロッパ代表の貝。エスカルゴです。。。スープがなかなかの絶品なんですが、これはパセリとニンニクのみじん切りを練り込んだエスカルゴバターと呼ばれるものです。エスカルゴはフランスが本場で、ブルゴーニュ産のものが有名ですが、野生種はすでに食用として捕り尽くされ、絶滅寸前となっています。食用カタツムリとして流通しているものはほとんどが穀物などを餌として与えられている養殖もので、まれにブドウの葉を食する天然に近いものも流通するようです。写真の皿はエスカルゴ専用のもので、貝殻が転がらないように窪みがあります。

Dsc_0026

 エルカルゴと来れば、次はムール貝でしょう。ムール貝の和名は「ムラサキイガイ」。日本では汚染された海岸等に繁殖し、雑菌が多くてあまり食用に向いていないようなんですが、海外では最も多く食べられている貝類です。ちなみにムール貝の水揚げを見てみると、全世界で年間130万トン。これはホタテ150万トン、カキ97万トンに対しても遜色がありません。最も多く獲れる国はスペインで20万トン。ただしすべて自国消費されるそうです。中国が約10万トンも獲れるのが不気味なんですが、日本に入ってくるのはほとんどがニュージーランド産ですので安心してください。ちなみに日本国内産のムール貝は東北や三重県にわずかにある程度です。ホタテ産地の北海道サロマ湖などではホタテと生育条件が似ているため邪魔者と見なされ、ホタテやカキの水中垂下式の養殖ではムール貝がつかないように何度も掃除します。。。

Dsc_0025

 いちばんポピュラーなのはワイン蒸しですね。。。

Gyrodsc_0028


 パエリヤのトッピングなんかにも使われます。。。

Dsc_0021

 欧風の貝となると、やはりこのくらいでしょうか?ホタテやカキは和風のイメージが強くなります。次回は国産の様々な貝類をアップしようと思います。。。



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 1日 (金)

ダイエット Diet

 今日4月1日はエイプリルフールです。この日は全世界的に馬鹿話が流布するようです。このブログも例年、4月1日には「ほんまかいな???」というような、根拠不明・意味不明の内容をアップするのが恒例になってきたんですが、今回も同様にそういった話をアップしたいと思います。

 何を隠そう、実は私は超能力者なんです。他人には決して真似が出来ない、とんでもない能力を持っています。それは何かと言うと、目の前にある2つの物体を比べた場合、どんなに微細な差であってもどちらが大きくてどちらが小さいのか、明確に判るんです。その差がわずか1ミリでも、もっと細かく原子1個分の大きさの差でも明確に判ってしまいます。でもまあ、こんな能力を持っていても実際に役に立つことはほとんどないんですが・・・(^_^;)

 話は変わって、アインシュタインが1905年頃から唱えた「相対性理論」というのをご存知でしょうか?この理論は大きく分けて特殊相対論と一般相対論の2つがあるんですが、ここではめんどくさいので一緒くたにしてしまいます。大体以下のようなことが唱えられています。

○光の速度よりも速く動けるものはない。(従って宇宙戦艦ヤマトのような超高速飛行は不可能)

○速く動くものは、進行方向に対して縮んで見える。(努力せずとも高速で動けば痩せて見える)

○速く動くものは、重量が増す。(走っただけで重量オーバー(>_<))

 すなわち、早く動けば動くほど重量は増加し、光の速度に達したときにその重量は無限大となります。このため重量を持つものは光の速度を超えることが出来ないという理屈です。

 Dsc_0838

 ちなみにこのような女性がクルマで移動した場合、私の目にはこのように見えます。(多少、誇張していますが・・・)

Dsc_0838_2

 このように見えるのは、相対性理論による効果によるものです。進行方向に対してのみ縮んで見えるので、この場合は顔や上半身は痩せて見えるんですが、脚は逆に太って見えます。このため直立状態を保つのがコツといえるでしょう。。。ただし、落とし穴がもうひとつあります。それは速度が上がれば上がるほど重量が増すという、もうひとつの現象です。痩せて見えても体重は増加します。さて、あなたはこの究極の選択、どうしますか???

 相対性理論にはもうひとつ、気になる内容が含まれています。

○速く動くものは時間が遅く流れる。

○重いものの周りでは時間が遅く流れる。

 この現象は「浦島効果」と呼ばれます。おとぎ話の浦島太郎は竜宮城へ行き、3日3晩の大宴会を繰り広げた後、家に帰ってみれば周囲の人は皆、歳を取っていたという現象です。おそらく浦島太郎は光に近い高速で竜宮城に連れて行かれ、その間に時間が遅く流れたので、地球上の人々が先に歳を取ってしまったのでしょう。すなわち、速く動くと歳を取らないと言うことです。

 高速での移動=痩せて見える・体重は増える・アンチエイジング効果。。。さて、あなたはどうしますか???(^_^)v



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »