« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »

2016年6月28日 (火)

ワンポイント One point

 沖縄でしばしば見かけるリュウキュウアカショウビンなんですが、お尻のあたりにワンポイントマークがあります。。。(^◇^)

Dsc_0256

 これは、トカゲをくわえてますねぇ…(@_@)

Dsc_0047

 白いワンポイントなんですが、全身の羽毛やくちばしの色と比べると、ちょっと個性的な配色です。。。

Dsc_0177

Dsc_0231

 かなり紫っぽいものもいます。。。

Dsc_0512



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月25日 (土)

朝日 Sunrise

 このブログの発足初日である2012年1月29日には、いくつかの画像をアップしてるんですが、その中の一つが朝日の写真です。昇る太陽・沈む太陽をもう少したくさん収めようと思ったんですが、なかなか思うようにはいきません。

 これらの写真は、石垣島のとあるビューポイントから撮影したものです。撮影日はそれぞれバラバラなんですが、なかなか個性があります。。。

Dsc_0022_2

Dsc_0424

Dsc_0008

Dsc_0029

Dsc_0221

Dsc_0143


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月21日 (火)

朝食 Breakfast

 もう20年ほど前、ロンドンに行った時に、あまりに食事が不味いのに驚きました。。。ホテルの朝食も同様で、トーストに水分が少なく、パサパサなんです。その上、焼き過ぎでまるでバーナーで焦がしたような真っ黒い色…。生易しい食べ物ではなく、パン粉が歯茎を攻撃してくるようなシロモノでした(@_@) 私はやはり朝食には水分や潤いが欲しいので、この時はシリアルを選び、牛乳をかけて柔らかくして食べました。。。

 最近、凝っているのは石垣島の朝6時半からやっている豆腐店の朝食です。「ゆし豆腐セット」が私のお気に入りです。「ゆし豆腐」というのは、豆腐を型に入れて固める前のふわふわした柔らかい状態のもので、沖縄独特の呼び名です。本土のおぼろ豆腐に似ていますが、さらに柔らかい感じです。

Dsc_0028_1

 ビジネスホテルの定番は、最近はほとんどがバイキング形式になっています。私は朝からは苦手なんですが、カレーライスなんかも結構人気のようです。「朝食無料!!!」というホテルもあるんですが、こういったホテルの場合、たいていそれなりの内容のものしか出てきません。ビジネスホテルの朝食バイキングも、こんな感じに和風でまとめるのが良いです。写真は福島県郡山市のとあるビジネスホテル。。。

Dsc_0036

 そして広島市内のビジネスホテル。これもバイキングです。。。

Dsc_0022

 中にはこんなふうに朝からちゃんと和定食を出してくれるホテルもあり、うれしいです。。。

Dsc_0030

 そして昔ながらの温泉旅館の朝食。これだけ並ぶと、思わず笑みがこぼれます。。。

Dsc_0019_2

 やっぱり日本人の朝食は和食かな・・・(*^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月18日 (土)

割り込み Interrupt

 蝶も暑くなると水場に集まって来るんですが、結構、同じ種類の仲間ばかり集まって飲みます。。。ところがツマベニチョウはかなり出しゃばり。よその集団に割り込んできます。。。

Dsc_0123

Dsc_0184

Dsc_0190

 人類の中にも、こんな奴がいますね・・・(^◇^)

Dsc_0089

 今回からD500というカメラを使うようになったんですが、動体撮影には圧倒的な力を発揮します。なかなか面白いカメラです。。。(*^^)v

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月14日 (火)

舞い Dancing

 4匹のツマベニチョウが舞っているように見えます。ひとつはメス。あとの3つはオスです。蝶の世界もメスを巡る戦いは熾烈です…(@_@)

_bestdsc_0353

Dsc_0349

Dsc_0350_3

Dsc_0356

Dsc_0357

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月11日 (土)

砂漠 Desert

 私の知人がインドに行きました。砂漠を見たいとか・・・(^◇^)
 実は私は1996年に中東のヨルダンに行き、砂漠を見ています。砂漠というよりは、土の固まりなので「土漠」と言った方が正確です。ちょっとその時の写真を引っ張り出してみました。。。

 ともかく、こんな景色が延々と続きます。
J46

 砂漠を漂白するベドウィン族の定住をはかるため、ヨルダン政府が用意した住居です。でも、これで自由な遊牧生活に慣れた彼らが定住するんでしょうか???

J52

 死海です。海抜マイナス390メートル。。。あまりに塩分濃度が高いため、人間がプカプカ浮かびます。

J11

 海抜ゼロメートル地点から写したヨルダン渓谷。はるか下に道路が伸びています。

J03

 郊外の民家です。周囲に全く何もないところに壁を巡らせ、白亜の住居が建てられています。裕福な人の家に見えますが、ともかく周囲は何もありません。。。

J5

 ヨルダン最大の幹線道路ですが、砂漠の中の一本道です。道路の周囲には灌木が見えますが、近寄ってみるとバッタがたくさん生息していました。。。

J49

 というわけで、久しぶりにこういう画像をじっくり見ると、我々の住む地球もずいぶん広いんだと思いました。ちなみにこれらの写真は1996年6月撮影。昼間の気温は午後3時ころに一瞬45℃程度。明け方は10℃くらいまで下がり、猛暑を感じたのはほんの一瞬です。そういう意味では、多湿な日本の夏の方が、よほど過酷だと感じました。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 7日 (火)

飛翔中 Under flight

 最近のカメラは連写性能が良いので、花を訪れる蝶にレンズを向け、ひたすらシャッターを切ると、面白い瞬間が撮れたりします。試しに狙ってみました。。。

 ミカドアゲハです。吸水中でしたが、一瞬、飛び立ちました。

Dsc_0242

Dsc_0243

 同じくミカドアゲハですが、ナミエシロチョウが近付いて来ました。。。複数の種類の蝶が同じ画面に収まることはなかなかありません。。。

Dsc_0086

Dsc_0087

 口を伸ばしたままです。ミカドアゲハだけでなく、ほとんどの蝶が花を訪れるときはこんな状態です。腹減ってるんかいな・・・(^_^;)

Dsc_0157

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 4日 (土)

海岸植物群落 Flora of the sand beach

 夏の砂浜は暑いです。というか、「暑い」という表現よりも、「熱い」という方が的確かもわかりません。とにかく裸足で歩くと火傷をしそうです。。。

 そんな中にも各種の植物が見られます。私の自宅から徒歩圏内にも砂浜がありますが、こんな植物を数多く見ることが出来ます。まずは「ハマヒルガオ」。

Dsc_0352

 花そのものは一般的なヒルガオと変わりませんが、驚くのはその生育環境。さらさらと流れるような砂地の上に生えています。また、小さな株では、こんなにわずかな葉しかないのに、大輪の花を付けており、何だか健気に見えてしまいます。。。

Dsc_0033

Dsc_0035_2

 次はコウボウムギです。「ムギ」と名が付いていますがカヤツリグサ科です。この植物はよく発達した砂浜にしか生育せず、砂浜が小さくなると消失してしまいます。穂が筆の形に似ているため、弘法大師にちなんで「弘法ムギ」と名付けられました。。。

Dsc_0031

Dsc_0030

 こんなのも見られました。ハマエンドウです。数は少ないですが、なかなか美しい花です。。。

Dsc_0342


 最後はハマボウフウです。新芽は刺身のつまなどに使われます。いずれの植物もそうなんですが、砂浜の衰退とともに生育地が著しく減少しています。なんとか残していきたいものです。。。

Dsc_0029

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年5月 | トップページ | 2016年7月 »