« 注意!! Caution!! | トップページ | 幼鳥 Juvenile »

2016年8月23日 (火)

歳月の移ろい Change of generation

 私が石垣島を初めて訪れたのは大学3年生の春休みでしたので、1981年のことです。その頃は今と違い、石垣島へは那覇港からフェリーで一晩かかる船旅でした。もちろん航空機の利用も可能でしたが、なんせ金のない学生時代・・・船で行くことにしました。

 あの頃は今ほどホテルがたくさん建ってはおらず、宿泊は基本的に民宿でした。1泊2食付きで3500円前後だったと記憶しています。離島ですので水事情が良くなく、湯船に浸かることが出来ずシャワーだけだったと思います。

 そんなことで、夕食を外食することはほとんどなかったんですが、記憶の糸を辿ると、今とはかなり様子が異なってました。南の島とはいえ、汁物の食事が多かったように思います。当時の雰囲気を伝えるものといえば、まずは「味噌汁」です。内地のものとは具やボリュームが明らかに異なります。具にはスパムポークやレタスが入っており、卵と大量の豆腐が埋もれています。ライスが付いているのも特徴のひとつです。。。

Dsc_0018

 ゆし豆腐も当時の雰囲気をよく残しています。

Dsc_0263

 この他に「中味汁」や「そーき汁」もよく見かけましたが、今ではかなり希少なものとなりました。ただし「ヤギ汁」だけは今も比較的健在なようです。

 魚のから揚げは当時も今も比較的よく出てきます。ぐるくんのから揚げは定番料理です。

Dsc_0041
 

 一方で、小魚のから揚げや魚の皮のから揚げは以前はよく見られましたが、今では希少品です。

Dsc_0019
 

 生の魚はモノによっては今も昔も変わりがありません。特に赤身のマグロは美味で、昔から豊富に出回っていました。切り身の刺身を大量に並べるのが沖縄流で、ケンがや少し太めでざっくりと切ってあるのが特徴ですが、これは現在ではすっかりダイコンを使うようになったんですが、昔はパパイヤを使っていた名残ではないかと思います。

Dsc_0037_6


Dsc_0415

 昔の石垣島には全く無かったものが焼肉屋です。これには最大限の歳月の流れを感じます。今でこそ「石垣牛」が有名になり、さらにアグーなどという豚肉の炙りも出て来たんですが、もともとこういう網焼きの食文化というものが全くなかった土地柄です。。。

Dsc_0020

 案外、見かけなかったのがゴーヤチャンプルです。どうしてだったんでしょうか?

Dsc_0020_2

 島ラッキョウや海ブドウも、ここ10~20年くらいのものだと思います。以前はその存在すら感じられませんでした。。。


Dsc_0041_2


Dsc_0096


 ともかく、時代の流れには圧倒されます。。。



|

« 注意!! Caution!! | トップページ | 幼鳥 Juvenile »

飲み物・食べ物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584080/64044065

この記事へのトラックバック一覧です: 歳月の移ろい Change of generation:

« 注意!! Caution!! | トップページ | 幼鳥 Juvenile »