« じゃらじゃら JaraJara | トップページ | メリー・クリスマス!!! Merry Christmas!!! »

2016年12月21日 (水)

キャベツ??? Cabbage???

 世の中には犬好きの人が多いです。私は戌年なんですが、特に犬が好きというわけではありません。道を歩いているときに散歩中の犬が足元にまとわりついたりするとき、わずらわしさを感じたりすることもあります。ところで犬って、大きいの・小さいの・足が短いの・細長いの・丸っこいの・鼻が低いの・・・ずいぶんバラエティーに富んだ姿かたちをしています。元々は小型のオオカミに似た雑種犬のような姿だったといいますが、非常に多様です。人間の創意工夫というものは、時折とんでもないものを作り上げます。「神の領域」とでも言えばいいんでしょうか?まるで別種の生き物を作り上げたような・・・そんな感じがします。

 こういったことは植物にも当てはまります。これはありふれたキャベツなんですが。。。

Dsc_0037

 紫キャベツです。アントシアニン色素を多量に含んでいるため、独特の色をしています。

Dsc_0359_2

 植物ですので、当然花が咲きます。つぼみを食べるために改良されたのがブロッコリーなんですが、この辺からすでにかなりキャベツとはかけ離れてきます。。。

Dsc_0351

 当然なんですが、カリフラワーも植物学的にはキャベツと同一種です。そしてこれは「ロマネスコ」という、フラクタルな構造を持つカリフラワーの品種です。。。

Dsc_0055

 一方で、キャベツそのものの形をしているんですが、ピンポン玉のように小さな「芽キャベツ」という品種があります。これも正真正銘、キャベツと同種です。ごらんのようにわき芽が結球するように品種改良されたものです。。。

Dsc_0001

 これはコールラビ。丸いのは葉ではなく、茎が太ったものです。この品種は太った茎を食べます。ドイツ時代、コールラビのぬか漬けが非常に美味で、駐在員の奥さんたちの間で流行っていたのを思い出します。。。

Dsc_0174

 さらに、結球しない品種もあります。一般的に「ケール」と呼ばれるグループですが、これもキャベツと同一種です。もともと野生種のキャベツはこれに近かったといわれます。写真のものはイタリアの品種で、「カーボロネロ」です。。。

Dsc_0176

 さらにここまでくると、まるでパセリのように見えますが、これもれっきとしたキャベツの一種。カールドケールです。かなり葉が縮れています。。。

Dsc_0178

 カールドケールには紫色のタイプもあります。。。

Dsc_0177

 というわけで犬と同様、キャベツの世界も人間の好奇心と創意工夫により、とんでもなく多様性に富んだ状況になっています。。。



|

« じゃらじゃら JaraJara | トップページ | メリー・クリスマス!!! Merry Christmas!!! »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584080/64610153

この記事へのトラックバック一覧です: キャベツ??? Cabbage???:

« じゃらじゃら JaraJara | トップページ | メリー・クリスマス!!! Merry Christmas!!! »