« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »

2017年1月29日 (日)

4周年 4th anniversary

 4周年になりました。細々とではありますが、4年間続きました。だんだんと定年退職も近くなり、体力も低下し・・・などと言うと悲しくなってくるんですが、気を取り直して頑張らねば・・・p(^^)q

 というわけで、4周年の今回は躍動感のある写真をアップしようと思います。。。

 オジロワシの飛翔です。ワシの類が飛び立つ様子は非常に躍動感に溢れています。。。

Dsc_0127

Dsc_0128

Dsc_0129

Dsc_0130

 国後島をバックにした飛翔もなかなかよいです・・・(^_^;)


Dsc_0062


Dsc_0063

Dsc_0072

 というわけで、5年目に突入しましたが、引き続きよろしくお願いいたしますm(__)m




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月25日 (水)

ふくろう Owl

 ふくろうが人気だそうです。世間では「ふくろうカフェ」などというものが存在し、お金を払えばおさわり自由・・・という、いかがわしい店と勘違いするようなキャッチフレーズも存在するとか。。。それはともかくとして、野生のフクロウを見るのは、現代の日本ではなかなか大変です。昼間は木の洞などに隠れて寝ており、そこを急襲すると神経質なフクロウはねぐらを離れ、より山奥に移動してしまうとか。。。一部のバードウォッチングマニアの間では、どこにフクロウのねぐらがあるのか、情報が飛び交っているそうなんですが、睡眠を妨げられるフクロウにとっては、たまったものではないと思います。

 というわけで、場所は明らかには出来ませんが、今年は酉年なので本年最初の遠出の撮影は北海道へ野鳥撮影に行きました。フクロウはさほど期待していなかったんですが、居ました・居ました・・・(^_^;) この写真の道路上に張り出した木の枝に止まっているのが判りますでしょうか?

Dsc_0224

 望遠レンズで撮影するとこんな感じです。神経質な鳥なので睡眠中を急襲するのは良くないんですが、この時はもう夕暮れ間近で、フクロウも活動開始時間。さかんに首をクルクル回し、あたりの様子をうかがっていました。


Dsc_0005

 フクロウは「不苦労」に通じるとして、縁起の良い鳥とされています。また、その風貌・挙動や声が可愛いとする意見・不気味とする意見・なかなか意見が分かれるところです。野生のフクロウの実物を見たのは私も初めてなんですが、可愛いとか、不気味とか、そういう雰囲気ではなく、いかにも森の住人・森の守り神といった、一種独特の神聖さに近いものを感じました。じっとこちらを見つめられると、不思議な感覚。森の中には崇高な生き物が棲んでいる・・・そう感じさせるような存在感があります。。。


Dsc_0211

 ちょっとウインクしそうな目付きです。。。

Dsc_0157

 何となく上から目線・・・(^_^;)

Dsc_0154


 このフクロウを見つけた場所の近くにも、道路沿いのほぼ目の位置にもう一羽止まっていました。さすがにこちらはカメラを向けるとすぐに飛び立ちました。。。居るところには居るもんですね。結構フクロウ密度の高い場所です。フクロウの飛び立つ様子を連続写真に収めましたが、フクロウは羽ばたきの音がしないので、これがまた一段と静粛さと神秘性を感じさせます。。。

Dsc_0253

Dsc_0254

Dsc_0255

 というわけで、すっかりフクロウの魅力に圧倒されてしまいました。厳冬期の北海道。また行きたいものです( ^ω^)・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月21日 (土)

掟破り Break rules

 麺類のトッピングって、時々意外なものが載っていることがあります。イマイチのものもあるんですが、あっと驚く美味なコラボもしばしば見られます。今回は秀逸だったコラボをアップしましょう。ただし、あくまでも個人的な好みなので、ご了承ください。。。

 まず、面白い組み合わせだと思ったものは長野県の木曽谷を中心に分布する「すんきそば」。すんきというのは漬物の一種です。これは塩を使わないという、特異な漬物で、乳酸発酵のみに由来するものです。野沢菜や赤かぶがあるんですが、これを温かいかけそばにトッピングしたものが「すんきそば」です。乳酸発酵していますので、かなり酸っぱさが際立ちますが、非常にさわやかな風味です。写真のすんきそばはすんき・白ネギ・かつおぶしがトッピングされています。。。

Dsc_0433

 次は沖縄の「ゆし豆腐」そばです。麺類に豆腐というのは非常に珍しい組み合わせなんですが、これを実現したのがこの一品です。豆腐の上に細切りの甘辛い豚肉炒めが載っているのもポイントです。やはり不思議なコラボなんですが、なぜかクセになります。。。

Img_20141025_114946

 大阪に昔からある、有名なラーメン店の一品です。キクナのトッピングが特徴です。昨今はやりの家系ラーメンなどとは一線を画する、実に繊細な風味のラーメンで、私のお気に入りのひとつです。おそらくラーメン史上最も繊細な一品だと思います。。。

1457856318398

 京都名物のにしんそばです。およそ上品な京都の食べ物とは思えない、身欠きにしんの甘露煮が丸ごとどおぉ~んと豪快にトッピングされています。江戸時代、日本海側の輸送路を担っていた北前船の時代からの名残なんですね。北海道と京都が名物という、ちょっと特異な一品です。。。

Dsc_0018

 そして最後は大阪のきつねうどん定食。わざわざこれをアップしたのは、ネギの切り方です。最近は万能ねぎと言うんでしょうか?細かく刻んだ青ネギが主流になっていますが、本来はこのようなごぼうのささがき風に切るのが伝統的な切り方だと思います。今となっては関西地方以外ではほとんど見掛けない、青ネギの切り方です。。。

Dsc_0045


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月17日 (火)

冬支度 Winter preparations

 我々のような雪の無い地域出身の人間にとっては、特にクルマの冬支度・雪対策はハードルが高いです。私の場合、雪国すなわち島根県に2年間いたので、まだ感覚がつかめるのですが、それでも油断は禁物です。。。

 特に北海道東部などの寒冷地の環境には、非常に厳しいものがあります。マイナス21℃の朝。凍り付くバックミラー。寒冷地仕様のクルマにはバックミラーにヒーターが付いている意味がよく判りました。。。


_dsc_0055

 豪雪地もなかなか大変です。岐阜県の白川郷へ向かった時、ホテルの駐車場の私のクルマが・・・(@_@)

_dsc_0273

 とにかく掘り出すのが大変でした。。。

_dsc_0275

 西日本でも地吹雪のような状態に遭遇することがあります。


Dsc_0019

 鳥取県の大山付近ですが、北日本よりも気温が高めで、刻一刻と路面の凍結状態が変化するため、北海道の凍結路などよりもかえって走りにくいこともあります。。。

Dsc_0017

 なだれもあります。。。

Dsc_0022

Dsc_0005

 気が付くとタイヤはこの状態。西日本の場合には溶けた氷が車軸にへばりついて再度凍り付き、昼食の後にタイヤの重心が狂って著しくハンドルが振動することもあります…(@_@)


Dsc_0023

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月13日 (金)

雪景色 Snow scene

 雪国の景色には、一種独特の厳しさがあります。張りつめた冷気と緊張感。。。

 まずは鳥取県大山です。。。

Dsc_0136

Dsc_0056


 続いて、北アルプスの岐阜県側。新穂高ロープウェイから撮影したものです。。。

Dsc_0059

Dsc_0086

 最後は北海道野付半島の朝の景色です。これが一番寒そう。。。(@_@)

_dsc_0061

_dsc_0060

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 9日 (月)

びっくり!!! Surpresed!!!

 あちこち出歩くと、びっくりするようなとんでもない料理が出てくることがあります(@_@) まあ、B級グルメが多いんですが、よそでは見かけないようなシロモノです。。。

 これは島根県松江市の餃子です。豚まんやジャガイモではありません。正真正銘の餃子です。。。ちゃんと酢醤油+ラー油で食べます。


Dsc_0035

 岡山市内のかつ丼です。下から順にご飯・ゆでたキャベツ・豚カツ・デミグラスソースの順に重なっており、グリーンピースが載ってます。岡山県ではこれが一般的なかつ丼だとか。。。

Dsc_0431

 北海道釧路近郊で食べたハンバーグです。外見は特にこれといって特徴のない普通の一品なんですが、馬肉と鹿肉の合挽きです。これを食べるときっと頭が良くなるでしょう。。。

_dsc_0020_3

 出雲そばです。東日本の人からすると、おそらく掟破りのとんでもない蕎麦です。左のそば猪口のような容器にはそば湯が入っており、右の黒い容器にはそばつゆが入っています。そしてそばつゆをそばの上に直接かけて食べます。。。

Dsc_0031

 沖縄のちゃんぽんです。沖縄ではちゃんぽんは麺類ではなく、丼ものです。ご飯の上に野菜炒めの卵とじが載っています。。。

Dsc_0026

 ともかく、多彩な日本のB級グルメです・・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 5日 (木)

待ち伏せ Ambush

 「松の内」とは、いつまでのことを言うんでしょうか?サラリーマンの感覚としては1月4日が初出勤なのでその頃くらいまでが何となく「松の内」という気がします。一般的には1月7日まで、関西などでは1月15日までを松の内とするようです。そもそもは正月飾りである松飾りを飾っておく期間が松の内なんですが、門松を飾るのは元々は1月15日までとされていましたので、関西流が本来の松の内の期間です。

 今日は1月5日。まだ松の内の期間内なので、おめでたい写真をアップしましょう。四国のとある山中のとある滝です。1年のうち特定の期間だけ、虹が発生します。当然なんですが、晴天の日でないと虹は現れません。でも、太陽の高さ・時刻・天候さえ合えば、確実に虹を待ち伏せして撮影することが出来ます。。。そもそも虹というものはいつどこで出るか予測することはできません。なので虹が出るのを待つということは、考えてみれば実に驚くべきことです…(@_@)

Dsc_0093

Dsc_0132

Dsc_0203

 ほんの一瞬ですが、うっすらと二重の虹になっています。その時の太陽光線の強さや水しぶきの飛び具合によってはこのような姿になります。。。

Dsc_0204_2

 この滝のように清々しい気分で新年を迎え、良い年になればと思います。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 1日 (日)

あけましておめでとうございます A Happy New Year 2017

 あけましておめでとうございます。このブログも今年で5年目を迎えることとなります。移り気な私がブログを続けることが出来たのも皆様方のおかげです。本年もよろしくお願い申し上げます。

 ところで、新年というとやはり初日の出。自宅が海岸に近いということもあり、初日の出はわりと見るチャンスが多いんですが、元旦に晴れるかどうかは神のみぞ知る。。。というわけで、旧年中に撮った写真をさも初日の出のように見立ててアップするということになります・・・(^_^;)

Dsc_0040

 昨年の秋から暮れにかけて、湘南海岸にも変形太陽が現れることが判明しました。北海道東部のような四角い太陽ではなく、こんな感じに出現します。。。

Dsc_0034_2

Dsc_0039

 遠くにたなびく雲のように見えるのは実は雲ではなく、三浦半島です。早朝の放射冷却により、蜃気楼となっているんです。このため太陽も上下反転して映っており、ラグビーボール型の太陽となっています。。。

Dsc_0046

 さらに太陽が昇ると、こういう状態となります。。。

Dsc_0061

 というわけで、今年も体力(と経済力(笑))の続く限り撮影も続けたいと思います・・・p(^^)q



| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年12月 | トップページ | 2017年2月 »