« 掟破り Break rules | トップページ | 4周年 4th anniversary »

2017年1月25日 (水)

ふくろう Owl

 ふくろうが人気だそうです。世間では「ふくろうカフェ」などというものが存在し、お金を払えばおさわり自由・・・という、いかがわしい店と勘違いするようなキャッチフレーズも存在するとか。。。それはともかくとして、野生のフクロウを見るのは、現代の日本ではなかなか大変です。昼間は木の洞などに隠れて寝ており、そこを急襲すると神経質なフクロウはねぐらを離れ、より山奥に移動してしまうとか。。。一部のバードウォッチングマニアの間では、どこにフクロウのねぐらがあるのか、情報が飛び交っているそうなんですが、睡眠を妨げられるフクロウにとっては、たまったものではないと思います。

 というわけで、場所は明らかには出来ませんが、今年は酉年なので本年最初の遠出の撮影は北海道へ野鳥撮影に行きました。フクロウはさほど期待していなかったんですが、居ました・居ました・・・(^_^;) この写真の道路上に張り出した木の枝に止まっているのが判りますでしょうか?

Dsc_0224

 望遠レンズで撮影するとこんな感じです。神経質な鳥なので睡眠中を急襲するのは良くないんですが、この時はもう夕暮れ間近で、フクロウも活動開始時間。さかんに首をクルクル回し、あたりの様子をうかがっていました。


Dsc_0005

 フクロウは「不苦労」に通じるとして、縁起の良い鳥とされています。また、その風貌・挙動や声が可愛いとする意見・不気味とする意見・なかなか意見が分かれるところです。野生のフクロウの実物を見たのは私も初めてなんですが、可愛いとか、不気味とか、そういう雰囲気ではなく、いかにも森の住人・森の守り神といった、一種独特の神聖さに近いものを感じました。じっとこちらを見つめられると、不思議な感覚。森の中には崇高な生き物が棲んでいる・・・そう感じさせるような存在感があります。。。


Dsc_0211

 ちょっとウインクしそうな目付きです。。。

Dsc_0157

 何となく上から目線・・・(^_^;)

Dsc_0154


 このフクロウを見つけた場所の近くにも、道路沿いのほぼ目の位置にもう一羽止まっていました。さすがにこちらはカメラを向けるとすぐに飛び立ちました。。。居るところには居るもんですね。結構フクロウ密度の高い場所です。フクロウの飛び立つ様子を連続写真に収めましたが、フクロウは羽ばたきの音がしないので、これがまた一段と静粛さと神秘性を感じさせます。。。

Dsc_0253

Dsc_0254

Dsc_0255

 というわけで、すっかりフクロウの魅力に圧倒されてしまいました。厳冬期の北海道。また行きたいものです( ^ω^)・・・

|

« 掟破り Break rules | トップページ | 4周年 4th anniversary »

動物・鳥・などなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584080/64747143

この記事へのトラックバック一覧です: ふくろう Owl:

« 掟破り Break rules | トップページ | 4周年 4th anniversary »