« カラス Crow | トップページ | 仕掛け人 The Instigator »

2017年5月13日 (土)

汁 Soup

 沖縄特有の料理というと、何を思い浮かべますか?チャンプルや石垣牛、あるいは海ブドウ?ある石垣島の大衆食堂には面白いメニューがあります。いかにも昔ながらの食堂という雰囲気の店です。大きなホテルの近くなので、氷川きよし・瀬川瑛子・ねーねーず・美川憲一といった大御所の色紙が店内に貼ってあります。
 この店のメニューは質素そのもの。八重山そばとゴーヤチャンプル、そしてレバニラ炒め程度です。ただ、目を引くのはいのししチャンプルといのしし汁です。いずれも1200円。なかなかチャレンジャーな食べ物です。

 これはいのししチャンプル。まーみな(モヤシ)がかなり入っており、なかなか一般人にも美味に感じる味です。ただしその歯ごたえはやはり野生そのもの。かなりアゴの疲労感を伴う食感で、完食する頃には「食べたぞぉ~」という実感がこみ上げてきます。

Dsc_0045

 沖縄で油断ならないのは汁物。特に肉をメインにしたものはなかなかの強敵が多いです。例えば私が苦手とするヤギ汁。。。ヤギ独特の臭気を放ち、その臭い消しのため、かなり刺激的なふーちば(ヨモギ)も大量に入っています。また、沖縄本島には名護曲(なごまがり)という有名な郷土料理店があるのですが、そこの牛汁定食も、あっと驚く強烈な個性の持ち主。まるで牛の体臭が襲い掛かってくるような独特の薫りが立ち、とても普段口にしている牛肉と同じものとは思えません…(@_@)

 前置きが長くなってしまいました。これが「いのしし汁」です。


Dsc_0434

 大きめの丼鉢いっぱいにいのししの肉だけでではなく、内臓や骨までもが大量に入っているのが伺えます。箸でかき回すと、これまたびっくり。。。

Dsc_0435

 中からやはり臭い消しのためのふーちばが出てきました。そのボリューム感・歯ごたえ・いのししの体臭・見た目…(@_@) いのししチャンプルとは比較にならないほどのディープな一品です。沖縄特有の料理として、肉を使った汁物は、その好き嫌いは別として、まず外せないと思います。。。




|

« カラス Crow | トップページ | 仕掛け人 The Instigator »

飲み物・食べ物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584080/65233514

この記事へのトラックバック一覧です: 汁 Soup:

« カラス Crow | トップページ | 仕掛け人 The Instigator »