« 田んぼの逆さ富士 Mt. Fuji on the paddy field. | トップページ | 最近食べた麺類 Noodles ate recently »

2017年5月27日 (土)

栗鼠 Squirrel

「栗鼠」って、読めますか?正解は「リス」です。ドングリなどを好んで食する性質が良く表れている言葉です。さて、今年のゴールデンウイークに、ニホンリスに出会いました。場所は白馬です。連休中なので人通りや車の往来が多かったんですが、それらが途切れて静けさが戻った林縁にちょこちょこと姿を現します。。。

Dsc_0028

 よく見かけ、ペットとしても飼われているのはシマリスなんですが、これは北海道に生息しているもので本州以南には居ません。ニホンリスは全身茶褐色の目立たない姿をしており、よく見ていないと枯葉や周囲の風景に溶け込んでしまい、所在が分からなくなってしまいます。

Dsc_0016

 リスは日本ではペットとして飼われ、愛玩動物として認識されていますが、欧米ではそうではありません。毛皮用、もしくは食用として認識される場合も多いようです。毛皮用としては特に北ヨーロッパやロシアで一般的で、中世には衣服の裏地にリスの毛皮が使われていました。また、食肉として認識されているのはアメリカ合衆国で、野生動物特有の臭みがほとんどないそうです。。。

 さて、リスの世界もなかなか複雑。横浜市内の公園などでは大型のタイワンリスを見かけることがあります。この種は神奈川県南部などに多く、ニホンリスとも競合し、人間の生活にも影響を及ぼすため、外来生物として駆除対象にもなっています。新たな侵入者。この先、どうなるんでしょうか?


Dsc_0079


Dsc_0090



|

« 田んぼの逆さ富士 Mt. Fuji on the paddy field. | トップページ | 最近食べた麺類 Noodles ate recently »

動物・鳥・などなど」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584080/65241971

この記事へのトラックバック一覧です: 栗鼠 Squirrel:

« 田んぼの逆さ富士 Mt. Fuji on the paddy field. | トップページ | 最近食べた麺類 Noodles ate recently »