« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »

2018年1月30日 (火)

ゆるキャラ Yuru-chara

 この電車、なかなかすごいと思いませんか?

Dsc_0095

Dsc_0096_2

 車内を見ると、なんと「しまねっこ」が鎮座しています…(^_^;)

Dsc_0097

 そして何故か、電車のフロアにはあみだくじが…(^_^;)

Dsc_0099

 ともかく、島根県はゆるキャラの宝庫。。。これはすさのおくん。。。

Dsc_0505

そしていなたひめちゃんです。。。

Dsc_0506

 やがみちゃん…(^_^;)

Dsc_0440

 「吉田くん」という、謎のゆるキャラ。。。

Dsc_0441

 むふふ。。。






| | トラックバック (0)

2018年1月27日 (土)

野生の王国 The Kingdom of wildlifes

 私の自宅の近辺は住宅地や工業団地が広がり、あまり野生動物が住んでいるようなけはいがありません。ところがよく見ると時々、面白いものに出会うことがあります。。。

 トラフズクです。朝9時ごろなので熟睡中。。。

Dsc_0051

 ノウサギです。。。

Dsc_0059

 私は見たことないんですが、こんなのもいるようです…(@_@)

Dsc_0182

 高空を飛び、いきなり水中にダイビングして魚を獲るミサゴ。。。

Dsc_0160

Dsc_0115

 同じく魚を狩るハンター。カワセミです。。。

Dsc_0215

 海岸に打ち上げられた魚を巡るトンビとカラスの攻防。。。

Dsc_0135

 むふふ…(^_^;)




| | トラックバック (0)

2018年1月23日 (火)

日の出 Sunrise

 湘南海岸の日の出。。。

Dsc_0008

 どの地域でもそうなんですが、日の出の風景は時間とともに太陽の表情が変化し、なかなか趣きの深いものです。。。

Dsc_0016

 この写真を撮影した時のように、水平線に少しもやがかかった状態のときは、太陽光線が弱まり、あまりまぶしくなく、幻想的な日の出となります。。。

Dsc_0027

 赤い太陽です。。。

Dsc_0020

 陽が高くなり、このくらいの位置まで来ると、かなり眩しさを感じるようになります。海水面も輝き始めます。。。

Dsc_0043

 一方、水平線上の空気が透き通っているときは、太陽が顔を出した瞬間からギラギラと燃えるような光線が射し始めます…(@_@)

Dsc_0096

 この表情の差が何とも言えません。。。

 むふふ…(^_^;)








| | トラックバック (0)

2018年1月20日 (土)

生物多様性 Biodiversity

 今回も厳冬期の北海道。冬場、北海道で見られた鳥や動物を集めてみました。とはいっても定番のものではなく、どちらかといえば脇役です。こういった多彩な鳥や動物が見られ、生物多様性に溢れているのが北海道です。。。

 まずは野付半島のユキホオジロ。北極圏で繁殖し、冬場は寒さを避けて北海道まで南下してきます。小さな鳥ですが、極寒の地でなければ生きていけない種類です。。。

Dsc_0278

 釧路湿原のシマエナガ。そのモコモコとした姿のため、非常に人気のある小鳥です。。。

Dsc_0093

 時にはこういったものが見られることもあります。野付半島に現れたトド…(@_@)

Dsc_0661

 これはどうやら死亡したトドが打ち上げられ、オオワシの餌食になっているようです…(@_@)

Dsc_0333

 野付半島のコミミズクです。こっち見てます。。。

Dsc_0117

 飛翔中のコミミズク。思ったよりも翼が長いです。。。

Dsc_0054

 釧路湿原で見られたフクロウ。これも人気の鳥です。ちよっとウインク。。。

Dsc_0157

 最後は野付半島のチョウゲンポウ。猛禽類なんですが、ハトくらいの大きさで、羽の模様がきれいです。。。

Dsc_0348

 むふふ…(^_^;)


| | トラックバック (0)

2018年1月16日 (火)

優雅(2) Elegant(2)

 これも今年の1月8日の写真なんですが、早朝の気温がマイナス10℃以下にまで下がり、なかなか派手に吐息が発生します。。。

Dsc_0334

 オスが鳴き声を上げ、それに応えるようにメスも鳴き声を上げるというパターンなんですが、タンチョウも恒温動物。寒い朝には白い息が目立ちます。この餌場は雪がうっすらと積もった小高い丘のような地形で、背景に黒っぽい森が入るため、このようにフォトジェニックなタンチョウの吐息を写すことが出来ます…(^^)v なかなか絵になる風景です。。。

Dsc_0262

 4羽揃って吐息をはくと、こんな感じ。まるで温泉にでも浸かっているようです…(^_^;)

Dsc_0329

 一方、これはかつてタンチョウとワシのバトルで有名だった餌場。バトルを見るには撮影しやすくて良かったんですが、タンチョウに集中してきれいに撮ろうとすると、なかなか難しい場所です。。。背景にもまんべんなく日が当たり、吐息がはっきりと見えないんです。。。

_dsc_0033

 さて、これから先、徐々に日が長くなると、タンチョウの繁殖期が近づいてきます。タンチョウのペアは優雅に踊るんです…(^^)v 1月8日の段階ですでに舞いを披露するペアもいました。。。

Dsc_0211

 2月半ばにも、もう一度行く予定をしています。次回はもっと頻繁にタンチョウの舞いが見れることでしょう。。。
 むふふ…(^_^;)




| | トラックバック (0)

2018年1月13日 (土)

優雅 Elegant

 1月5日のブログにも書いたとおりなんですが、阿寒町のとある餌場で従来行われていた鮮魚の給餌によるタンチョウとワシのバトルは、高病原性鳥インフルエンザを未然に防ぐため、残念ながら今後まず見られない状況となっています。

 このイベントは世界的に有名となってしまったため、海外からのカメラマンの来訪も多く、盛況だったんですが、ここのところそれぞれのタンチョウの餌場も人が少なめ。。。落ち着いて撮影ができる状況となり、ゆっくりと純粋にタンチョウを観察したいという人にはかえって良かったのかもわかりませんね…(^_^;)

 そもそも今の釧路市近辺はタンチョウが増えすぎ…(@_@) 特に冬季はかなりの大集団となっており、そのこと自体も、もしインフルエンザが蔓延したら大きな被害を及ぼす原因となりかねません。このため各餌場とも給餌量を控えているようです。写真の餌場も従来は午前と午後の2回、餌を与えていたんですが、現在では午前中1回のみとなっています。。。

Dsc_0058

 この場所は自然の状態に近く、付近の渓谷で夜を過ごしたタンチョウの群れが朝一番、鳴き声を発し、周囲にこだまします。そしてしばらくすると数羽の群れがやってきます。

Dsc_0043


 想像以上に大きな鳥で、翼を広げると2メートル40センチに達します…(@_@) 立ち上がった時の高さは1メートル30~60センチ程度、体重は6~12キロと言われていますので、かなりスリムな体形です。運が良ければ人間の頭上5メートルくらいをかすめることもあり、羽ばたきの音が間近に聞こえます。。。

Dsc_0593

 この鳥の姿。ホントに優雅。エレガントです。群れが飛んでくる時、横一列に並んで姿を現すことが多いんですが、このくらいの数が並んで飛んでくると、優雅を通り越してなかなか壮観です。写真の群れは全部で15羽がよこ一列。翼の大きさを考えると、群れの横幅は40メートルにもなると思われます…(@_@)

Dsc_0100

 写真撮影をするときは、着地の瞬間がなかなか絵になります。。。

Dsc_0071


 今年の1月8日の朝はタンチョウ撮影にとってはなかなかの大当たり。10羽程度の群れが短い時間(10秒程度?)の中に次々と飛来し、あっという間に70~80羽もやって来ました。日によっては30分に1回くらい、思い出したように飛んでくる程度のこともあるんですが、なかなか気まぐれです…(^_^;) ともかく、多数が短時間のうちに飛来すると、なかなか絵になる景色となります。。。

Dsc_0070

Dsc_0278

 むふふ…(^_^;)




| | トラックバック (0)

2018年1月 9日 (火)

野生 Wildlife

 1月5日~8日まで、北海道は道東地方に行ってきました。相変わらずの野生の王国。動物が豊富です。。。

 ぼそっとした姿で止まるオジロワシ。。。

Dsc_0385


 ペアで止まってます。。。

Dsc_0432


 ホタテ船をバックに。。。今年は1月6日が初出漁だったそうです。。。

Dsc_0264


 電柱を好むオオワシ。。。

Dsc_0096


 国後島をバックに。。。

Dsc_0116


 こっち見てる。。。

Dsc_0031


 端正な顔つき。。。

Dsc_0358


 チョウゲンポウ。。。ハトくらいの大きさの小型の猛禽類なんですが、まさかこんなに寒いところにいるとは・・・(@_@)

Dsc_0333





Dsc_0348




むふふ。。。(^^♪







| | トラックバック (0)

2018年1月 5日 (金)

鳥インフルエンザ Avian influenza

 実は本日1月5日から、今年初の撮影旅行として北海道へ行きます。目的は鳥。タンチョウ・オジロワシ・オオワシ・フクロウ・シマエナガなどです。

 一昨年前に撮った写真を見てみると、なかなかアグレッシブです。とある餌場なんですが、タンチョウとオジロワシの魚を巡るバトルが見られます。いや、正確に言えば「見られました」ですね。。。

Dsc_0362

 この場所は世界的に有名で、全世界から撮影者が集まる、知る人ぞ知るポイントだったんですが。。。

Dsc_0363

 オジロワシが攻撃的なのは理解できるんですが、タンチョウも実は負けてはいません。かなり過激です。。。

_dsc_0024


 蹴りを入れたりします…(@_@)

Dsc_0573

 2016年12月21日、環境省は高病原性鳥インフルエンザの拡大を受け、ウイルスの拡大を防ぐために魚類の給餌を中止することを決めました。今もその規制は続いており、おそらくこのような世界的に見ても稀な風景は二度と見ることは出来ないと思います。

その上、タンチョウそのものがかなり増えてきたため、トウモロコシの給餌そのものも回数を減らしたりする方向にあるようです。簡単に撮影できるのも今のうちだけかもわかりません。。。

Dsc_0174

 こんな感じが本来の野生の姿かな?(^_^;)

Dsc_0009



| | トラックバック (0)

2018年1月 1日 (月)

あけましておめでとうございます A Happy New Year!!

 あけましておめでとうございます。
 本年もよろしくお願い申し上げます。

 というわけで、今年は戌年。何を隠そう、私は戌年の年男。しかも今年の11月には還暦を迎えます…(@_@)

Dsc_0166

 私の職場も60歳を迎えた後の3月末で定年退職の規定があるので、残された時間はあと1年と少しです。今年も突っ走ることになるんでしょうか?

 

Dsc_0109

 今年の座右の銘はこれで行きたいと思います。。。
 ともかく、行くしかないですね( ^ω^)・・・

Dsc_0431

| | トラックバック (0)

« 2017年12月 | トップページ | 2018年2月 »