2017年8月15日 (火)

工場 Factory

 最近のトマトはすごく大きな温室で栽培されているんですね・・・(@_@) はるか彼方までトマトが植えられていて、まるで工場のようです。。。

Dsc_0427

 当たり前ですけど、花が咲いて実がなります。。。


P1010086

Dsc_0432

 花が咲いて実がなるのは当たり前なんですが、実はおしべの花粉がめしべに付かないと実はなりません。花粉を運ぶためのクロマルハナバチを飼い、受粉させます。ずらりと並んだクロマルハナバチの巣。。。


Dsc_0434

 クロマルハナバチは日本の山野にも普通に生息する在来種で、その名の通り黒く丸っこいハチです。。。


Dsc_0437

 たくさん収穫出来ました!!!(^^)v

Dsc_0436

 この大きな温室は、実は東日本大震災の折、津波の被害を受けた地域に建てられたものです。少しずつですが、復興の気配が感じられます。。。(^^)v







| | トラックバック (0)

2017年8月 1日 (火)

医者 The Doctor

 職業柄、私は医者とよく似た行為をしばしば行います。作物も病気にかかります。その病気を診断し、治療し、または病気になる前に予防する。そういったことを行います。医者もそうなんですが、我々も責任重大です。失敗したら、その損害が莫大なものになる可能性もあります。。。

222

Dsc_0453

333

 実は私は医者にかかることがあまり好きではありません。まあ、好きな人は稀だとは思いますが・・・。自分が普段行なっている行為とよく似たことをするため、医者の一言一言が妙に頭にひっかかったり、いらついたりします。「この時の説明はこうしたほうがいい」とか「これはこういうふうに説明しないと素人にはわからない」とか・・・。ともかくイライラの種です。特に私の顔を見ずにパソコンの画面だけを見ていろいろ判断される場合、そのイライラが最高潮に達します。意外と多いんです。こういう場面。。。

 話は全く変わります。先日、日野原重明さんが亡くなりました。TVや新聞でも大きく取り上げられていましたので、ご存知の方も多いと思います。ご冥福をお祈りします。

 私はあまり物事に対して感動したり、人に対して尊敬したり、そういう気持ちを抱くことが少ない人間です。ところが日野原さんに関しては素直に尊敬します。TVなどの画像をみると100歳を超える年齢で、ひょうきんなお年寄りという雰囲気なんですが、この人の経歴をみるとなかなかの達人です。昭和20年の東京大空襲の際、焼け出された人々の治療に当たられたそうですが、病院に入りきらない多くの負傷者がそのまま野外で亡くなられたとの事。彼はこの時、大災害に耐えられる病院を絶対に作ると誓ったそうです。。。

 時は平成4年。東京の築地に巨大なタワーを伴った病院が誕生しました。聖路加国際病院です。設計したのは日野原重明院長。フロアや廊下はやたら広く、礼拝堂はコンサートが開けるほど。これは採算が取れないと多くの人が笑ったとか。。。

 それから3年後の平成7年3月。大事件が起こりました。地下鉄サリン事件です。約6300名が負傷した無差別テロです。負傷者が多すぎ、東京の大病院の多くが受け入れ不能の状態に陥った時、日野原院長は即座に当日の外来と手術をすべて中止し、被害者のうち640名を無条件で受け入れました。実はこの病院、広いフロアや廊下、礼拝堂に酸素吸入のための配管約2千本を張り巡らし、大災害の発生時に備えていたそうです。彼の言葉を借りると「病院は時として戦場になる」。まさにそのとおりのことが起こってしまいました。

 その他にも、「成人病」→「生活習慣病」に言い換えたのも日野原さんですし、日本で最初の人間ドックを作ったのも日野原さんです。ノーベル賞のような発明をされたわけではありませんが、今ある技術を最大限に生かすシステムを作り上げるということは、偉大な功績だと思います。。。

 合掌。。。

| | トラックバック (0)

2017年7月29日 (土)

不思議なビジネスホテル Mysterious Business Hotel

 最近はどこのビジネスホテルも規格化され、あまり突飛な宿は見なくなりました。でも時々あります。例えば、このホテルはエレベーターを降りると、すぐ前に下駄箱があります。。。

Dsc_0437

 そうなんです。エレベーターを降りたところでスリッパに履き替え、部屋までは家の中のフローリングのような感じです。。。

Dsc_0436

 そして部屋に入ると、これまた不思議な茶菓が置いてあります。その名もモロに「だんご」。。。

Dsc_0426

 その姿も見事に「だんご」そのものです。。。

Dsc_0427

 近所にどこか飲食できるところがないかとフロントで尋ねたところ、なんと餃子の王将を紹介されました。スペシャルな天津飯がなかなか美味でした…(^_^;)

_dsc_0435

 というわけで、ビジネスホテルもいろいろあります。。。

| | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

沖縄 Okinawa

 久しぶりに沖縄本島に行ってきました。朝早くから虹がきれいに出ていました。。。

Dsc_0019

Dsc_0034

 よく見るとうっすらとダブルに出てますね。。。

Dsc_0023

 こういう局地的な雨が多いので、沖縄は比較的虹が良くみられるように思います。。。

Dsc_0010

 そこかしこに立派な入道雲がモクモク…(@_@)

Dsc_0037

Dsc_0048

 今回は蝶の撮影はちょっと残念な結果となりました(´・ω・`) 目ぼしいものが少なく、珍しくコノハチョウがやたらと多い状態。。。

Dsc_0051

Dsc_0055

| | トラックバック (0)

2017年7月 4日 (火)

中国地方 Chugoku district

 中国地方と言っても、中華人民共和国ではありません。本州の西端部。鳥取・島根・岡山・広島・山口の5県を中国地方と呼んでいます。

 そして中国地方の山間部。。。ともかく人が少ないです。瀬戸内側から日本海側へ抜ける高速バスに乗ったんですが、途中から乗客は私一人だけ…(^_^;)

Dsc_0436

 途中、トイレ休憩があるんですが、高速のパーキングはほとんど無人・クルマもなし。。。

Dsc_0440

 でも、野生動物の出没は多いようです…(@_@)

Dsc_0438

Dsc_0439

 とあるトンネルの出口です。クルマの通行もほとんどありません。。。

Dsc_0426

 駐車スペースの隅に水たまり。。。アジサイがきれいに咲いています(^^♪

Dsc_0427

 近寄ってふと上を見上げると、なんとモリアオガエルの卵…(@_@) こんなとこに産んでええんかいな?(^_^;)

Dsc_0428

 日本では珍しい間欠泉です。残念ながら噴出時間ではありませんでした・・・(^_^;)
「温泉が黄色くなるのは何故だろう」

Dsc_0448

 この間欠泉から道沿いに温泉水が流れていきます。。。

Dsc_0447

 最後には小さな滝が。。。

Dsc_0445_2

 「のんでよし わかしてよし モーサイコー」…(^_-)-☆

Dsc_0446

 ここは湯治場があり、美味しいお昼ご飯を食べることもできます(^^)v なかなか奥が深い中国地方でした。。。

Dsc_0444


| | トラックバック (0)

2017年6月10日 (土)

味のあるポスター Interesting poster

 この京阪電車のポスター。。。最高です…(^^)v

Dsc_0426_2

 ハラルなうどん。こういうのが増えていくんでしょうね・・・(^_^;) ところでこれを撮った前日からラマダンに入ったようです。。。

Dsc_0427

 何という難解な言語。。。

Dsc_0488

 むむむ。。。期待して入ったけど何もいなかった・・・(^_^;)

Photo

 渋い!!!

P1470022

 実物とポスターと。。。

Dsc_0265

Dsc_0317

 よく見ると・・・???

C7l_y_cxwaicjgp


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月23日 (火)

田んぼの逆さ富士 Mt. Fuji on the paddy field.

 毎年、この時期になると富士山が望める地域の田んぼを訪ねる日々が続きます。田植の直前~約1か月後くらいなんですが、なかなか通な写真を撮ることが可能です。。。

Dsc_0030

 ところで、どうやら私のお気に入りのこの風景の正面に、第二東名高速道路が出来るそうです。なので、この風景を眺めることが出来るのは、おそらく今年限りになりそうなんです…(@_@)

Dsc_0014

 田んぼの畔に花をあしらったりしているところもあり、なかなか印象的な写真を撮ることも可能です。。。

Dsc_0016

Dsc_0026

 ともかく、日本人の心のよりどころですね・・・(^.^)/~~~ 

Dsc_0029



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月20日 (土)

定番 Regular

 私は定番好きな人間なのかもしれません。もちろん冒険もしますが、結構、旅の行き先も決まっていて、そこでの行動パターンも大体一定しています。例えば石垣島。たいてい朝一番に日の出を見に行きますが、どの場所で見るかもほぼ一定しています。結構、個性的な日の出が見られることもあり、同じ場所から撮っても、変化に富んでいます。。。

Dsc_0008

 そして、その次は朝食。。。やはり某店の「ゆし豆腐セット」です。これはハマります・・・(^_^;)

Dsc_0425

 夜は夜で・・・やはりこれですね・・・(^^)v

Dsc_0427

 でも、今までに行ったことのない場所・見たことのない景色・食べたことのないものにはやはり惹かれます。こんど狙っているのは西表島の船浮。まだ一度も行ったことがありません。そして船でないと渡れません。今、八重山諸島の中では最強の秘境だと思います。かなり時間的な余裕が無いと無理かと・・・。いつ行けるんでしょうか?やはり定年後かな?(^_^;)

Dsc_0432

 とはいえ、こういうしょーもない内容をアップするのは、今年のゴールデンウイークの石垣島・西表島の蝶の発生が近来になく少なかったことが原因です・・・(>_<) 頑張って撮ったのがこの程度。。。次回はもう少し回復しているでしょうか?(^_^;)

Dsc_0368

Dsc_0242

Dsc_0377




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月21日 (火)

爪 Tsume

 日本語と英語の差。なかなか難しいものがあります。言葉の背景にはそれぞれの文化があり、その文化が異なると、言葉にも微妙に反映されます。。。

 人間の「爪」。英語に訳すとネイル(Nail)です。ネイルアートなどという言葉もあります。。。

Dsc_0581

 カニの爪です。美味しそうです。ずいぶんデカいですね…(@_@)カニや獣の場合にはクロウ(Claw)と言います。ところがその昔、フリッツ・フォン・エリックというプロレスラーがいました。このレスラーは非常に握力が強く、「鉄の爪(アイアン・クロウ)」の異名を持っていました。人間ではなく、獣の爪になぞらえたわけですね。。。

Dsc_0425

 さて、またまた別の表現が存在するのがワシやタカなど猛禽類の爪です。あまり日本では一般的ではないんですが、タロン(Talon)と表現します。日本語でしいて表現すれば「鉤爪(かぎづめ)」とでもいうんでしょうか?

Dsc_0454

 さらに蹄(ひづめ)という表現もありますが、これは日本語でも爪とは区別しています。哺乳動物が四肢の先に持つ、歩行に適した厚くて大きく、硬い器官のことを指します。写真はエゾシカのひづめです。英語ではHoof(複数形Hooves)と表現します。。。

Dsc_0057

 言葉の世界もなかなか奥が深いですね( ^ω^)・・・





| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年3月18日 (土)

レトロ Nostalgic

 先日、愛媛県松山市に行って来ました。随分とレトロな市電が走っています。どこまで乗っても160円・・・(^_^;)

Dsc_0435

Dsc_0426

 車内がこれまたレトロ。。。すべての車両がそうではないんですが、なんと木造の内装です・・・(@_@)

Dsc_0430

Dsc_0431

 窓のストッパーも懐かしい雰囲気です。しかし、こういうのを懐かしいと言うと、歳がバレてしまいますね( ^ω^)・・・

Dsc_0432

 お降りの方はこのボタンを押して下さい。。。

Dsc_0434

そしてお昼に食べた南予風の鯛めしです。地域によって鯛めしの形態が違います。。。

Dsc_0426_2


何と、ヤマイモをかけて、山かけ風にします。。。

Dsc_0425

最後はデザートの一六タルトと抹茶。。。昭和天皇・皇后ご用達です(^^♪

Dsc_0427

 レトロな街でした・・・(^_^;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧