2017年10月21日 (土)

朝食 Breakfast

 朝食。英語ではBreakfast。Breakは破る。Fastは断食。直訳すると「断食を破る」という意味です。つまり、断食を破る、その日の最初の食事です。。。

 あちこちで泊まると、結構個性的な朝食が出てきたりします。もっとも、最近のビジネスホテルはワンパターンのバイキングも多いんですが、中には個性派もあります。。。

 これは私の一番のお気に入りの朝食…(^^)v 朝6時半からやってる石垣島の某豆腐屋の「ゆし豆腐セット」です。朝食付きの宿泊の場合でも、朝食券を捨ててでも行ってしまいます。。。

Dsc_0436

 広島市内のビジネスホテル。普通にバイキングなんですが、よく見ると殻付き焼き牡蠣が…(@_@) そして卵焼きの隣りにも牡蠣の煮物。。。さすが広島です…(^^)v

Dsc_0436_2

 バイキングではない、古風な宿ではこんな感じ。福岡市内の老舗のホテルです。。。

Dsc_0027

 昔ながらの松花堂風お弁当。。。

Dsc_0029

 フタを開けるとこんな感じ…(^^)v

Dsc_0030

 少し良い宿だと、朝から火器がついてて温めてくれます。。。

Dsc_0026

 最近は羽田空港のラウンジも早朝から無料のおにぎりとみそ汁が出て来るので、時々利用します…(^^)v

Dsc_0434

 私が冬場、オオワシやオジロワシを撮りに行く温泉宿は、こんな朝食。典型的な旅館の和朝食です。。。

Dsc_0019_2

 和風旅館で洋朝食のこともあります。。。

Dsc_0452

 これはビジネスホテルのバイキングなんですが、鹿児島県なので奄美の鶏飯がありました…(^^)v

Dsc_0429

 いろいろあります…(^^)v




| | トラックバック (0)

2017年7月25日 (火)

最近の外食 Recent dining out

 暑いです。でもお腹は空きます…(^_^;) 最近、寝不足のためか、暑さのためか、それとも夏風邪をこじらせてしまったためか、体調不良です・・・(@_@) これで食欲がなくなると一発でダウンなんですが、今のところ何とかやってます。というわけで、最近食べた外食です。。。

 まずは徳島ラーメン。西日本なんですが、かなり濃厚で濃い目の味です。生卵をトッピングするのが特徴です。。。

Dsc_0452

 こちらは「白い海鮮丼」と称する、お刺身定食。。。ご飯に刺身を載せて海鮮丼にしてもいいし、そのまま刺身定食としていただくことも出来ます。。。

Dsc_0439

 最近、少し上品になった某食堂の「味噌汁」です。でもレタスの切り方は逆に大きくなりました…(^_^;)

Dsc_0435

 相変わらず500円の刺し盛のボリュームが豪快・・・(@_@)

Dsc_0440

 古風な田舎風定食。某温泉施設です。。。

Dsc_0444

 山菜ランチです。。。

Dsc_0428

 やまめの塩焼きもありました…(^_^;)

Dsc_0430

 というわけで、なかなかグルメ。。。(^◇^)

| | トラックバック (0)

2017年6月27日 (火)

付け合わせ Side menu

 先日、山形県を訪れた時、お昼はざるそばでした。山形県は蕎麦王国と言ってもいいほど、美味なそばが多いです。それも私の好きな色黒で歯ごたえのあるタイプ。。。

 ところで、山形県の蕎麦屋では、必ずと言っていいほど、いかゲソの天ぷらが置いてあります。山形県以外ではまず見掛けないんですが、何故なんでしょうか? ともかく、どの店のゲソ天も、かなり歯ごたえのある油断できないシロモノです。。。

Img_20170616_042808

Img_20170616_042814

 さて、私は関西出身なんですが、かの地はどちらかというとうどんがメイン。そばはうどんの陰に隠れた存在です。そして、関西地方でざるそばを食べると、必ずと言っていいほど、生のうずらの卵が付いてきます。これも長野や山形といったそばの本場ではほとんど見ることがありません。。。

Dsc_0018

 またまた面白いのは、出雲そばです。そばにわさびはつきもの。特に島根県は長野・静岡に次ぐ全国3位のわさびの産地なんですが、なぜか出雲そばにはわさびは使わず、朱色のもみじおろしが使われます。。。

Dsc_0029

 そして帯広近辺で天ざるを注文すると、かなりの頻度でごぼうの天ぷらが出て来ます。この地域は決してごぼうの産地ではないんですが・・・(^_^;)

Dsc_0315

 さらに長野県と山梨県の県境。信州峠近辺のそば屋では、他の地域と違って山菜や煮物の小鉢がいくつも出て来ます。そば屋の場合、そばオンリー、もしくは漬け物程度というシンプルな店も多いんですが、これも独特です。。。

20160626dsc_0029

 蕎麦ひとつとっても、その付け合わせの流儀はさまざまですね( ^ω^)・・・




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月20日 (火)

仙台の居酒屋 Izakaya in Sendai

 最近行った仙台の居酒屋。。。突き出しが2品出て来ました…(^^)v

Dsc_0466

Dsc_0467

めひかりの塩焼き。。。

Dsc_0468

 ぜんまい。。。

Dsc_0471

 そして東北地方の太平洋岸は、ほや( ^ω^)・・・

Dsc_0469

 かなり巨大な手羽先。。。

Dsc_0470

 締めはおにぎり。。。

Dsc_0472

 むふふ( ^ω^)・・・

Dsc_0465



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 3日 (土)

最近食べたおつまみ Otsumami ate recently

 ほんとにネタ不足です。ひとえに今年はどこへ行ってもあまり蝶が飛んでいないことが原因かと思います。。。というわけでまたまた食べ物ネタ。最近食べたおつまみです。

 まずは空豆。関西ではお多福豆と呼びますが、これは豆の形がお多福に似ているからです。擬人的に「おたやん」と呼ぶこともあります。。。

Dsc_0427_2

 馬刺しです。白いさしの入ったものよりも圧倒的に赤身が美味に感じます。いろんな肉の中でクセの無さは圧倒的。牛たたきが臭く感じるほどです。。。

Dsc_0428

 さざえのつぼ焼き。おつまみの定番です。磯臭さと苦味が何とも言えません。。。

Dsc_0425


 いか刺しです。ここのところイカが不漁のようで、品薄・高価です・・・(>_<)

Dsc_0431

 めひかりの焼き物です。めひかりとは標準和名アオメエソ。太平洋岸の比較的深い海に生息します。脂がのり、甘みのある白身で、骨が細くて気にならず、なかなか美味な一品です(^^♪

Dsc_0429

 居酒屋で一寸一杯。。。なかなかええもんです…(^^)v



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月30日 (火)

最近食べた麺類 Noodles ate recently

 ネタがなくなると安易な食べ物ネタになってしまいます…(^_^;)

 大盛りそばと山菜天ぷら。この場合の大盛り=ダブルです(@_@) 長野県の某所。。。

Dsc_0426

 非常にそば湯が濃いのが特徴。。。

Dsc_0427

 この冬、釧路湿原のすぐ近くで見つけた、むちゃ美味しいイタ飯屋。。。ペスカトーレです(^^♪

Dsc_0425_4

 今年の年明け早々、皇居の一般参賀へ行ったときのイタ飯屋。パスタ大盛りのボリュームがなかなか凄かった…(@_@)

Dsc_0428

 珍品すだちチャンポン…(@_@) でも徳島県で食べたのではありません。。。

Dsc_0428_2

 小豆島ラーメン…(^^)v

Dsc_0430

 そして安倍総理も食べたという、被災地宮城県山元町の野菜タンメン…p(^^)q

Dsc_0426_2

Dsc_0425




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

仕掛け人 The Instigator

 このおにぎりを見てください。沖縄限定のコンビニおにぎりです。特に下の方。「チキナー」って、聞いたことがありますか?

_dsc_0429

 そしてこれは「チキナーチャンプル」。なかなか通な一品です…

Dsc_0262

「ちきなー」というのは、標準的な和名では「カラシナ」のことです。アブラナ科の葉菜類で、こんな花が咲きます。分類学的にはタカナと同一種です。。。

Dsc_0033

 ひりっとした辛味のある、いわゆる健康野菜なんですが、地味な食材なので、なかなかブレイクするようなものではありません。ただ、ここ数年、「ちきなー」の名で沖縄の地元民対象におにぎりやチャンプル定食の形で提供される事例が増えてきています。おそらく、仕掛け人が存在しているのではないでしょうか?そもそも沖縄は固有の食材が豊富で、今までにもゴーヤ・海ブドウ・島らっきょうなど、かなり大きくブレイクしてきた事例があります。はたしてちきなーはブレイクすることが出来るんでしょうか?

 私が仕掛け人なら、パパイヤに目を付けます。果物として食べるのではなく、野菜として使います。チャンプル・サラダ・味噌汁・シチュー・刺身のケンなどなど、和洋中華いずれにも使え、しかもヘルシーです。沖縄の気候にも向いており、かなりほったらかしでもある程度大きくなります。ただし、台風に弱いのが欠点。安定して収穫するには台風対策をきちんとする必要があります。こういったところにもっと税金を使えればいいと思うんですが。。。

_dsc_0020


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月13日 (土)

汁 Soup

 沖縄特有の料理というと、何を思い浮かべますか?チャンプルや石垣牛、あるいは海ブドウ?ある石垣島の大衆食堂には面白いメニューがあります。いかにも昔ながらの食堂という雰囲気の店です。大きなホテルの近くなので、氷川きよし・瀬川瑛子・ねーねーず・美川憲一といった大御所の色紙が店内に貼ってあります。
 この店のメニューは質素そのもの。八重山そばとゴーヤチャンプル、そしてレバニラ炒め程度です。ただ、目を引くのはいのししチャンプルといのしし汁です。いずれも1200円。なかなかチャレンジャーな食べ物です。

 これはいのししチャンプル。まーみな(モヤシ)がかなり入っており、なかなか一般人にも美味に感じる味です。ただしその歯ごたえはやはり野生そのもの。かなりアゴの疲労感を伴う食感で、完食する頃には「食べたぞぉ~」という実感がこみ上げてきます。

Dsc_0045

 沖縄で油断ならないのは汁物。特に肉をメインにしたものはなかなかの強敵が多いです。例えば私が苦手とするヤギ汁。。。ヤギ独特の臭気を放ち、その臭い消しのため、かなり刺激的なふーちば(ヨモギ)も大量に入っています。また、沖縄本島には名護曲(なごまがり)という有名な郷土料理店があるのですが、そこの牛汁定食も、あっと驚く強烈な個性の持ち主。まるで牛の体臭が襲い掛かってくるような独特の薫りが立ち、とても普段口にしている牛肉と同じものとは思えません…(@_@)

 前置きが長くなってしまいました。これが「いのしし汁」です。


Dsc_0434

 大きめの丼鉢いっぱいにいのししの肉だけでではなく、内臓や骨までもが大量に入っているのが伺えます。箸でかき回すと、これまたびっくり。。。

Dsc_0435

 中からやはり臭い消しのためのふーちばが出てきました。そのボリューム感・歯ごたえ・いのししの体臭・見た目…(@_@) いのししチャンプルとは比較にならないほどのディープな一品です。沖縄特有の料理として、肉を使った汁物は、その好き嫌いは別として、まず外せないと思います。。。




| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 4日 (火)

日本原産 Japan original

 問題です。以下の6種類の野菜の共通点を述べなさい。
   ①フキ
   ②ミツバ
   ③ウド
   ④ワサビ
   ⑤アシタバ
   ⑥セリ

 正解は、これらは「日本原産の野菜」なんです。すなわち、国内に野生種が存在し、その野生種から栽培が始まり、日本以外ではそのような事例がありません。一部の作物、ジネンジョ・サンショウ・ミョウガ・・・なども日本原産とされる場合がありますが、少し微妙です。。。

 たまたまなんですが、これら6種類の日本原産の野菜の花の写真をストックしていますので、ちょっとご紹介しましょう。。。

<フキ>
 いわずと知れた「フキノトウ」です。もっとも、つぼみを食用にするのは雪解けの頃のつぼみの状態であり、花が満開の頃には、かなり青臭くなります。フキはよく育った葉柄が食用とされ、各地の山野に普通に見られます。特に北海道などでは林道脇に巨大なフキの葉が群生しているのをよく見かけます。。。

Dsc_0071_2

<ミツバ>
 登山道の日陰の湿地に時折見かけますが、それがミツバであることに気付く人はほとんどいません。非常に可憐で、はかなげな花です。。。

Dsc_0048_2

<ウド>
 これも山地には各所に生えています。野生のものは「山うど」と呼ばれ、山菜として扱われます。花は晩夏の頃に咲き、日当たりのよい高原などに群生していますが、ちょっと線香花火のような雰囲気です。。。

Dsc_0017

<ワサビ>
 最もよく知られた日本原産の野菜で、「Wasabi」の呼び名で世界中に通用します。その昔、九州のとある山中で天然ワサビの群落を見つけたことがありましたが、天然物はなかなかの貴重品。今でも生えているのでしょうか。。。

Dsc_0042

<アシタバ>
 日本原産の野菜の中では最も知名度が低いんですが、房総半島~紀伊半島の海岸沿いや伊豆諸島に自生し、特に伊豆諸島では野菜として通年販売されます。「今日、葉を摘んでも、明日には芽が出る」という強靭さ・生育の早さを持つため、この名が付いたそうです。。。

Dsc_0010

<セリ>
 春の七草のひとつでもありますが、各地の湿地によく見かけます。若葉は香りが良く、おひたしなどに向きます。。。

Dsc_0119

 ところで先月、東北地方へ行く機会がありました。「芹鍋」なるものをいただいたんですが、なかなかヘルシーで美味でした。もともと私は関西人なので、芹鍋は初体験です。炊き上がり時間を見計らって葉・茎・根に分けて盛り付けてあるのが、なかなか気が利いていて良かったです。。。

Dsc_0464

 こんな感じです・・・(^_^;)

Dsc_0465

 豆腐・鶏・ねぎも入り、春の香りを楽しめます・・・(^^)v

Dsc_0467

 それにしても大きなお猪口…(@_@) まるまる一合入ってしまいます。。。

Dsc_0469

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 1日 (土)

普通盛 Regular size

 これ、見てください。島根県出雲市のとある大衆食堂のかつ丼なんですが、ともかく巨大です…(@_@)

Dsc_04422

 今日はエイプリル・フールなんですが、読者の方を担ごうという企画でも何でもありません。このかつ丼、特に大盛りというわけではなく、これで普通盛。レギュラーサイズです。決して大味ではなく非常に美味。私好みのつゆだくのかつ丼です。聞くと、玉ねぎは丸1個使っているとのこと…(@_@)

Dsc_0442

 巷では「ラーメン次郎」というチェーン店が、盛の大きさでよく話題になるんですが、この手のラーメンは他所でもたびたび見かけます。これは新潟県燕三条のラーメン店なんですが、もやしたっぷりです。。。これもごく普通の並盛。特に大盛りというわけではありません。。。

Dsc_0019

 沖縄の野菜そばも負けてはいません。「野菜そば」というと、何となくヘルシーなイメージがあるんですが、要は沖縄そばの上に豚肉たっぷり・油たっぷりの野菜炒めを通常の一人前以上の量を盛ってあるというシロモノです…(@_@) とてもヘルシーなどといえるようなものではなく、なかなか食べきれません。この写真のものも当然大盛りなどではなく、通常の品です。。。

Dsc_0018

 沖縄では結構頻繁に食べきれないくらいの量が出てくることがあります。これも沖縄そばなんですが、豚肉が載った、いわゆるソーキそばです。そのソーキの巨大なこと…(@_@) 当然、普通盛です。。。

Dsc_0312

 石垣島のとある飲食店の刺し盛(小)です。5品×5切れ=計25切れ入っており、500円という、信じられない値段です。これで小盛り…(@_@) 以前は大(1000円)もあったんですが、量が多すぎるため、いつの間にか大はなくなり、小が普通盛となりました。。。

Dsc_0037_6


 中国山地の山間部の道の駅にある唐揚げ定食です。どんぶり飯に、握りこぶし大の鶏唐揚げが5つの唐揚げ定食。。。


Dsc_0024

 そしてこれは福島県の蕎麦。一人前なんですけど、普通の3枚分だそうです。。。

Dsc_0387


 豪快なボリュームを売りにする店が多い中、特に何の意識もせずに、普通に「普通盛」と称して膨大な量を出す店もあちこちにあります。どうも、東京から距離が離れるほど、そういった店が多く存在し、東京付近は「大盛り」を売りにする店だけがそのような商売をする。。。何となくそんな感じがする、今日この頃です・・・(^_^;)



| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧