2018年7月14日 (土)

蜂 Bees

最近はカメラの性能が上がってきて、花の前で待っていると、やってきた蜂を撮影することもわりと容易になって来ました。これはクマバチ。。。

Dsc_0023


これもクマバチなんですが、ヘチマの花を訪れているものです。。。

Dsc_0232


Dsc_0231

一方でミツバチ。バナナの花に来たのを撮影しました。。。

_dsc_0244


_dsc_0242

これはキンカンの花に寄って来たミツバチです。。。

_dsc_0042

アザミに集まるキアゲハ、ウラギンヒョウモン、そしてハナバチ。。。

_dsc_0520

名前が分からないんですが、腰の細いハチの一種。沖縄本島で撮影しました。。。

Dsc_0280

むふふ。。。


| | トラックバック (0)

2018年5月29日 (火)

影 Shadow

 自分の影を意識的に写真に撮影すると、どうなるんでしょうか?

 まあ、こんな感じですかね?

_dsc_0177

 青い海・青い空の沖縄でなくても、極寒の地でもこの類の撮影は可能です。。。

Dsc_0066

 でもやっぱり、南方系の写真のほうが。。。

Dsc_0034

 バックが田んぼの逆さ富士でも、まあまあ絵になります…(^^♪

Dsc_0039

 こういう構図もありかな?

Dsc_0508

 私の知人がサハラ砂漠に行った時の写真なんですが、なかなか雰囲気出てます…(^^)v

1525165357526

 むふふ。。。





| | トラックバック (0)

2018年4月17日 (火)

カラシナはえっち Mustard flowers has a shape of H

 沖縄のコンビニに行くと、「ポーク玉子チキナー」などというおにぎりが棚に並んでいます。この「チキナー」って、何なんでしょうか?実はチキナーというのは、沖縄でよく栽培されるカラシナなんです。正確にはカラシナを塩漬けにしたものがチキナーと呼ばれ、カラシナそのものの呼び名ではありません。。。

Dsc_0429

 ちなみにカラシナはこんな地味な野菜です。。。


Dsc_0070


 私は野菜・果物の花の写真をコレクションしているんですが、アブラナ科植物はなかなか難しいです。というのは、葉の部分を食べる主要なアブラナ科葉菜類は以下の3つのグループに分かれ、それぞれ非常に多彩な姿かたちに品種改良されて現在に至っています。ところが、それぞれのグループ内で花の形はほぼ同じなので、花だけを撮影しても、どの野菜なのか分からないんです。。。

〇カラシナの仲間:カラシナ・タカナ・ザーサイ・カツオナ(福岡での雑煮の必須食材)など

〇菜の花の仲間:コマツナ・ハクサイ・カブ・チンゲンサイ・ミズナ・ナバナ・その他いろいろ

〇キャベツの仲間:キャベツ・ブロッコリー・カリフラワー・芽キャベツ・ケール・コールラビ・ハボタンなど

 ちなみにカラシナの花をアップで見てみると、こんな形をしています。。。花びらが十字形に並ぶのではなく、H型に並びます。。。何となく華奢で、やや小ぶりなのが特徴です。。。

Dsc_0145

 さらにここがポイント。カラシナは葉の付き方がごく素直な感じです。


Dsc_0129


 いっぽう、これは菜の花の仲間のチンゲンサイ。。。正確に十字型に花びらが並び、カラシナよりも大型です。。。

Dsc_0158

 そして菜の花の仲間の葉の付き方は、ちょっと変わってます。葉が茎を巻くように付いています。。。


Dsc_0136

 キャベツです。花の大きさは最も大きく、色はレモンイエロー。淡色なのが特徴です。。。

P1010074


 これはブロッコリーの花。全く姿かたちが異なる野菜なんですが、花だけを見るとキャベツの花と区別が付きません。。。

P1010087

 芽キャベツの花です。これも同じ。。。

Dsc_0109

 野菜ではないんですが、ハボタンの花も同じです。。。


Dsc_0290



なかなか写真家泣かせの野菜たちです。。。

| | トラックバック (0)

2017年11月11日 (土)

携帯画面 Mobile screen

 私の知人が、どうやら携帯電話が故障したようで、先月、買い替えようとしたら11月に新機種導入、現行機種の値段が下がるのでしばらくの間だましだまし使っていたとの事。無事に機種変更出来たんでしょうか?
 それはともかく、携帯の画面表示に結構凝ってます…(^_^;) 自分らしさの追求と機能性の追求というヤツです。。。

 まずはロック画面。セキュリティ上、ロックをかけてパスワードを入力しないと使えないようにしています。このため電源ボタンを押すとまずこの画面が出て来ます。これはカンムリワシの幼鳥。真っ白なのが特徴です。。。石垣島でふと目が合ってしまったヤツです…(^^)v

Dsc_0043

 パスワードを入力するとホーム画面が現れます。やはり蝶々です…(^^)v ジョウザンミドリシジミの鮮やかなサファイアブルーが気に入ってます。アイコンの配置等も、蝶の翅と重ならないようにしています。ちなみにパスワードは私の誕生日とか、1234などの他人が類推しやすいものではありません。当たり前ですけどね…(^_^;)

Dsc_0045

 ホーム画面がこれだけではアイコンが足りないので、合計3画面使っています。。。左に画面をスライドさせると、こうなります…(^^)v

Dsc_0046

 そして右にスライドさせると。。。

Dsc_0047

 ここ一年ばかり、このパターンが定着していますが、なかなか使い勝手がよいです…(^^)v 新しい試みをしてみたときは、またご紹介したいと思います。。。

| | トラックバック (0)

2016年9月13日 (火)

似た構図 Similar composition

 翅を開き、正面からの蝶・玉ボケという、よく似た構図のものを集めてみました。。。

 まずはリュウキュウミスジ。

Dsc_0030_2


 二つ目はフタオチョウ。

Dsc_0136

 最後はオオゴマダラ。

Dsc_0043

 正面顔に玉ボケ。。。私の好きなアングルです(^_-)-☆


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年6月 7日 (火)

飛翔中 Under flight

 最近のカメラは連写性能が良いので、花を訪れる蝶にレンズを向け、ひたすらシャッターを切ると、面白い瞬間が撮れたりします。試しに狙ってみました。。。

 ミカドアゲハです。吸水中でしたが、一瞬、飛び立ちました。

Dsc_0242

Dsc_0243

 同じくミカドアゲハですが、ナミエシロチョウが近付いて来ました。。。複数の種類の蝶が同じ画面に収まることはなかなかありません。。。

Dsc_0086

Dsc_0087

 口を伸ばしたままです。ミカドアゲハだけでなく、ほとんどの蝶が花を訪れるときはこんな状態です。腹減ってるんかいな・・・(^_^;)

Dsc_0157

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 1日 (金)

ダイエット Diet

 今日4月1日はエイプリルフールです。この日は全世界的に馬鹿話が流布するようです。このブログも例年、4月1日には「ほんまかいな???」というような、根拠不明・意味不明の内容をアップするのが恒例になってきたんですが、今回も同様にそういった話をアップしたいと思います。

 何を隠そう、実は私は超能力者なんです。他人には決して真似が出来ない、とんでもない能力を持っています。それは何かと言うと、目の前にある2つの物体を比べた場合、どんなに微細な差であってもどちらが大きくてどちらが小さいのか、明確に判るんです。その差がわずか1ミリでも、もっと細かく原子1個分の大きさの差でも明確に判ってしまいます。でもまあ、こんな能力を持っていても実際に役に立つことはほとんどないんですが・・・(^_^;)

 話は変わって、アインシュタインが1905年頃から唱えた「相対性理論」というのをご存知でしょうか?この理論は大きく分けて特殊相対論と一般相対論の2つがあるんですが、ここではめんどくさいので一緒くたにしてしまいます。大体以下のようなことが唱えられています。

○光の速度よりも速く動けるものはない。(従って宇宙戦艦ヤマトのような超高速飛行は不可能)

○速く動くものは、進行方向に対して縮んで見える。(努力せずとも高速で動けば痩せて見える)

○速く動くものは、重量が増す。(走っただけで重量オーバー(>_<))

 すなわち、早く動けば動くほど重量は増加し、光の速度に達したときにその重量は無限大となります。このため重量を持つものは光の速度を超えることが出来ないという理屈です。

 Dsc_0838

 ちなみにこのような女性がクルマで移動した場合、私の目にはこのように見えます。(多少、誇張していますが・・・)

Dsc_0838_2

 このように見えるのは、相対性理論による効果によるものです。進行方向に対してのみ縮んで見えるので、この場合は顔や上半身は痩せて見えるんですが、脚は逆に太って見えます。このため直立状態を保つのがコツといえるでしょう。。。ただし、落とし穴がもうひとつあります。それは速度が上がれば上がるほど重量が増すという、もうひとつの現象です。痩せて見えても体重は増加します。さて、あなたはこの究極の選択、どうしますか???

 相対性理論にはもうひとつ、気になる内容が含まれています。

○速く動くものは時間が遅く流れる。

○重いものの周りでは時間が遅く流れる。

 この現象は「浦島効果」と呼ばれます。おとぎ話の浦島太郎は竜宮城へ行き、3日3晩の大宴会を繰り広げた後、家に帰ってみれば周囲の人は皆、歳を取っていたという現象です。おそらく浦島太郎は光に近い高速で竜宮城に連れて行かれ、その間に時間が遅く流れたので、地球上の人々が先に歳を取ってしまったのでしょう。すなわち、速く動くと歳を取らないと言うことです。

 高速での移動=痩せて見える・体重は増える・アンチエイジング効果。。。さて、あなたはどうしますか???(^_^)v



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月29日 (火)

トリミング Trimming

 一般の人にとって、「トリミング」とは犬などの毛を刈り込んで形を整えることを言います。ところがここで言う「トリミング」は写真用語。画像の一部だけを切り出す加工のことを写真の世界では「トリミング」と称しています。まあ、どちらも不要な部分は切り取り、必要な部分だけ残すと言う行為です。。。

 昨年の年末、釧路近郊でオジロワシを撮りました。ところが結構距離があったので、被写体であるオジロワシが小さく写ってしまい、少々迫力不足です(>_<)

Dsc_0894

 この写真の元画像は画素数が4928×3280ピクセル、サイズは8.20MBもあります。このため、一部を切り取って被写体であるオジロワシをもう少し大きくすることが可能です。こんな感じになります。まっすぐこちらを向いて正面顔・脚には魚を掴んでいるのがよく判ります。こういった画像編集のやり方をトリミングと称しています。トリミングはフィルムと暗室を使った銀鉛写真の頃から行なわれていましたが、デジタルカメラが一般的になってからはパソコンの画面上で画像処理ソフトを使い、よりお手軽に出来るようになりました。

Dsc_0894_2

 さらにトリミングを進めていきます。鳥の表情や目付き、爪の鋭さまで鮮鋭に描かれ、望遠効果による迫力が出て来ました。。。

Dsc_0894_2_2

 同様に今度はタンチョウヅルです。出来るだけペアで仲良さそうにしている様子を撮影したいところなんですが、鶴の数が多く、余計なヤツが写り込んでしまいます・・・(>_<)

Dsc_0183

 再びトリミング登場です。このようにトリミングは余計なものを切り取る作業にも非常に便利です。。。

Dsc_0183_2

 非常にお手軽にこういったことが可能なため、一部のストイックな写真家などからはトリミングに対する批判もあります。でもまあ、「作品」として考えれば別にいいのではないかと思います。参考までにトリミングしていない写真は「ノートリミング」と呼ばれ、作者の撮影技術の高さを示す、より価値の高いものとして扱われる場合もあるようです。まあ私にとってはどうでもいいんですが・・・(^_^;) ちなみに下の写真はノートリミングです。。。

Dsc_0741


 写真展なんかで大きく引き伸ばす必要があるときには、トリミングすると画質の低下が顕著で、ノートリミングの方がいいんですが、ブログやツイッターなど、あまり大きくなくても良い場合にはトリミングしても一向に構わないと思います。。。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 7日 (土)

やっぱり楽しい魚眼レンズ Pleasant fisheye lens

 気が付けばいつの間にか11月。。。今年もいろいろと楽しく写真を撮ることが出来ました・・・(^_^)v 以前にも書きましたが、望遠レンズで遠くのものを撮るのも楽しいけれども、魚眼レンズがこんなに楽しいとは。。。

 ともかく、こんな感じで斬新な構図になります。

Dsc_0044


Dsc_0037


Dsc_0174


Dsc_0152


Dsc_0055_2


Dsc_0018

 ともかく、これからもまた活躍が期待されるレンズです。なお、このレンズは画角が180度。すなはち90度真横にあるものを写せます。なので私の真横にいる人間をそれとなく撮ることが可能です(@_@;) こっそり変顔を撮られたりしないように、お気を付けください・・・(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年8月 3日 (月)

稲妻 Thunder lightning

 このブログはタイムリーじゃないのが自慢(?)なんですが、たまにタイムリーな内容をアップします(^_^;)
 ついに撮りました。。。「稲妻」です。

Dsc_0169
 でも、これを撮るのはかなりのテクニックが必要なんです。ゴロゴロ鳴ってても、いつ、どの方向で光るか予測できないし、光ってしまった後にシャッターを切っても手遅れです。

 で、どうするかというと・・・
○昼間の稲妻は非常に難しいので、なるべく夜間を狙う。
○シャッタースピードと絞りをマニュアルにする。
○シャッタースピードはバルブにする。
○絞りは出来るだけ絞る。F11以上。
○レンズは魚眼レンズなど、出来るだけ画角の広い広角レンズを使用し、距離は∞とする。
○光りそうな方向に向けて三脚でカメラを固定する。
○シャッターボタンを押し、シャッターを開放する。再度シャッターを閉じるまでの時間は勘と経験に頼る。この間に光ればラッキー。光らなければ失敗。
○周囲の状況が分かりやすいように画面の隅に電灯などが入るようにすればベター。

 とまあ、こんな具合です。大体稲妻を見ること自体、そんなに年に何度もありませんし、見ることが出来ても写真に収めるのは至難のワザです(^_^;) ちなみに稲妻と稲光は同じ意味で、どちらも雷による閃光のことをいいます。

 とりあえず、失敗作も載せておきますので、これもご覧ください。(見てもしゃーないかな?(^^♪)

Dsc_0168

Dsc_0170

 なお、野外での稲妻の撮影は危険なのでやめましょーね。ちなみにこれらの写真はホテルの窓から撮影しました。。。(^_^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)